「ちょっと散らかってるくらい」ゴミが1メートル積み上がり、背後には虫が…。汚部屋の自覚がない住人に衝撃!(8)

#趣味 
警告の手紙が来てようやく汚部屋だと気がついた人も…

『汚部屋掃除人が語る命が危ない部屋』8回【全9回】


ゴミ屋敷片付け・特殊清掃専門会社「まごのて」で働くみなみさんは、これまでさまざまな汚部屋の清掃に携わってきたといいます。
ほふく前進でしか動けない部屋、物を捨てられない孤独な人が住む部屋、猫の多頭飼いで荒れ果てた部屋…。想像を超える汚部屋に直面してきたみなみさんは「何百人と接してきて、部屋と心の関係もおぼろげながら見えてきました。人は生きていく中で住まいとの関係が重要なこともわかってきました」と語ります。

ちょっとしたきっかけや人生の転機で心のバランスが崩れ、汚部屋になってしまうケースも多いよう。「最近掃除をサボりがち…」という方は、ピシッと気が引き締まるかもしれません。
今回は、みなみさんが実際に出会った汚部屋のエピソードをご紹介します。

※本記事はおがたちえ著、みなみ協力の書籍『汚部屋掃除人が語る命が危ない部屋』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)