類は友を呼ぶ!? 摘出した「大腸」の写真を見た感動を伝えたい!/腸よ鼻よ05(11)

#趣味 
何でそんな見せたいの!?

『腸よ鼻よ 05』11話【全11話】


1万人に1人の難病と言われる「潰瘍性大腸炎」と診断されながらも、闘病生活にへこたれず、プロの漫画家としてデビューを果たしたサクセスガールの島袋全優さん。

度々襲われる潰瘍性大腸炎の痛みに耐えながら漫画を描き続けていたものの、現状を大きく変えるため、大腸の全摘手術を受けることに。「大腸さえ取り除けば普通の生活に戻れる」そんな思いを胸に抱いていた全優さんを待ち受けていたのは、想像を絶するほどの術後の激痛でした…。

島袋全優さんが描く、笑いと涙の闘病ギャグコミックエッセイ『腸よ鼻よ』第5弾から「類は友を呼ぶ⁉ 摘出した『大腸』の写真を見た感動を伝えたい!」をお送りします。
手術後の凄絶な痛みからの回復を描き、難病を明るく笑い飛ばすエピソードは、読む人に健康の大切さを教えてくれます。

※本記事は島袋全優著の書籍『腸よ鼻よ 05』から一部抜粋・編集しました

大腸全摘の手術は無事に成功した全優さん。壮絶な術後の痛みに耐え、「腸が壊死する可能性が50%」というピンチも乗り越えることができました。手術前に先生にお願いしていた、自分の大腸写真も見ることができてご満悦の様子。あと気になるのは、摘出した自分の大腸の行方…。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)