「母さん大変!」酔ったお父さんが持ち帰ったものが意外すぎる /ケンちゃんと猫。ときどきアヒル(6)

#趣味 
猫のお腹で寝てたのは…

『ケンちゃんと猫。ときどきアヒル』6回【全7回】


物語の舞台は1976(昭和51)年の、とあるいなか町。5歳のケンちゃんは優しい両親、そして猫のモモと一緒にのびのびと暮らしています。そんなある日、モモが子猫を出産! いつもはモモと兄弟のようにじゃれあうケンちゃんですが、モモを優しく見守り、子猫たちのことも愛おしくてたまらない様子。翌日も起きてすぐにモモの元へ駆け寄ると、子猫のほかに見慣れない生き物がいるのでした――。
大人気コミック『ねことじいちゃん』の著者・ねこまき(ミューズワーク)が送る、どこか懐かしい風景に心が満たされるほのぼのコミック『ケンちゃんと猫。 ときどきアヒル』(幻冬舎)から厳選エピソードを送りします。

※本記事はねこまき(ミューズワーク)著の書籍『ケンちゃんと猫。 ときどきアヒル』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)