大学病院に自分の腸が提供されるかも!? 全摘した大腸の行方が気になる/腸よ鼻よ 05(11)

#趣味   
私の大腸も捨てられちゃうのか…

『腸よ鼻よ 05』11話【全11話】


学生時代に難病「潰瘍性大腸炎」を発症し、壮絶な闘病生活を送りながらマンガ家の夢を叶えたツワモノ、島袋全優さん。
めでたく初めての単行本を発売し、プロのマンガ家として着々とその歩みを進めていました。しかし、毎日お腹の痛みに耐えながら生きていくのはやっぱりツライ…。そこで、リスクも覚悟のうえで大腸全摘手術を行うことを一大決心! 「大腸さえ取り除けば普通の生活に戻れる」そんな希望を胸に手術に挑みますが、術後の壮絶な痛みは想像をはるかに超えるものでした。意識がもうろうとする全優さんの姿に家族の心配も募ります。果たして、全優さんはこの難局を乗り切れるのでしょうか――。

入退院を繰り返しながらも闘病する日々を明るく笑い飛ばすエピソードは、読む人に元気を与え、健康の大切さを教えてくれます!

※本記事は島袋全優著の書籍『腸よ鼻よ 05』から一部抜粋・編集しました


大腸全摘の手術は無事に成功した全優さん。壮絶な術後の痛みに耐え、「腸が壊死する可能性が50%」というピンチを乗り越えることができました。手術前に先生にお願いしていた、自分の大腸写真も見ることができてご満悦の様子。最後に気になるのは、摘出した自分の大腸の行方…!?

大学病院に!?

絶対炎上するわね


次ページ:見たい人がいるの⁉(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)