【最愛の夫の突然死】もう夫はいない。お店、電車、好きな食べ物、何を見ても夫を思い出してしまう/旦那が突然死にました。(7)

#趣味   
どこへ行っても何を見ても

『旦那が突然死にました。』7話【全8話】


もしも、愛するパートナーが突然この世から消えてしまったら――。
2人の男の子を育てる普通の主婦だったせせらぎさん。昨日と同じような今日を過ごして、当たり前のように年をとる…そんな何気ない日常は「夫の死」によって、前触れもなく無くなってしまったのでした。

あまりに突然の出来事に、夫の死を受け入れられない。それでも、父が死んだことを理解しきれていない3歳と1歳の子どもたちをしっかり育てなければいけない。せせらぎさんの率直な気持ちをつづったブログは、多くの人の胸を打っています。

それでは、愛する家族の大切さを改めて考えさせてくれる、せせらぎさんの体験をのぞいてみましょう。

※本記事はせせらぎ著の書籍『旦那が突然死にました。』から一部抜粋・編集しました。


夫と喧嘩をして実家に帰っていたある日、前触れもなく知らされたのは、夫が自宅で亡くなったという事実。せせらぎさんが夫の突然死を受け入れられないまま、葬儀や膨大な死後の手続きを終えたある日…。

最後の結婚記念日

初めて祝う「特別な日」

最初で最後の記念日の祝い


次ページ:目に映るもの全てが胸を締めつける(2/3)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)