【娘が登校拒否】逆効果? 先生がサプライズで家庭訪問に来た結果/娘が不登校になりました。(2)

#趣味   
あ、先生だった

『娘が不登校になりました。「うちの子は関係ない」と思ってた』2回【全7回】


漫画家の小林薫さんは、娘さんが中学2年生の春に登校拒否になったそうです。「ちょっと前までは普通に通学していたのに」「よその子はみんな普通に通っているのに、なんで娘だけ?」小林さんもハッキリとした原因がわからず、気持ちは焦るばかり。担任の先生に相談しながらあの手この手を尽くしますが、娘さんには一向に響く様子はありません。4カ月の登校拒否の末、たどり着いたのは民間のフリースクール。娘さんの気持ちに進展は見られるのでしょうか…?

それでは、漫画家の母が登校拒否の娘のために奔走した実録エピソードを見ていきましょう。
「どうしても学校に行けない」そんな現実に立ち向かう母娘から、人生でつまづいたり、遠回りする出来事があっても、前向きに生きていく…そんなパワーが感じられます。

※本記事は小林薫著の書籍『娘が不登校になりました。「うちの子は関係ない」と思ってた』から一部抜粋・編集しました


少し前までは普通に登校していた娘が突然不登校に。「お腹が痛い」と言いながらも、家の中では元気な様子。登校拒否の原因は何…!?

毎日楽しそうに通っていたと思う

この先生が担任になってしまった

現状こうなわけです

次ページ:あかん…むしろこじらせました(2/2)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //