掃除道具の置き場所ひとつで変わる! 家事を楽にする方法 画像(1/4) リビングのコーナーにフロアワイパーをスタンバイ

「家事は小さな仕かけとアイディアでグッとラクになります」と知的家事プロデューサーの本間朝子さん。特に手間も時間もかかる掃除は、道具の配置を工夫するだけでハードルが下がるそう。ラク家事が長続きする仕かけを、本間さんに伺いました。

 

【道具は各所にスタンバイ】


掃除道具の置き場所ひとつで変わる! 家事を楽にする方法 画像(3/4) 【写真を見る】ソファー脇のマガジンラックにハンディモップがあれば、くつろぎタイムでもササッとホコリが取れる

掃除道具は、すべてを掃除用具入れのような場所にまとめておくより、それぞれ使う場所の近くにスタンバイしたほうがラク。「掃除道具の置き場所をちょっと工夫するだけで、掃除を始めるときのハードルが、ぐっと下がります」。


掃除道具の置き場所ひとつで変わる! 家事を楽にする方法 画像(6/4) いちばん上の引き出しをあけたら、掃除グッズがこんにちは~!

 

【ついでにもうひと掃除のすすめ】


掃除道具の置き場所ひとつで変わる! 家事を楽にする方法 画像(10/4) ハンディワイパーを出したついでに、幅木のホコリもササッ

掃除道具を出して掃除を始めたら、その掃除の流れのついでに、“あともうひと掃除”をするのが効率的。「例えば、ハンディワイパーで、家具や家電のホコリを取ったあとは、壁面下の幅木の掃除などを、ついでによくやります」。


ゴミやホコリを見つけたとき、すぐ手が届く所に掃除グッズがあれば気軽に手軽に処理できるはず。そして、せっかくハンディワイパーを持ってるんだから、とあとひと掃除も苦にはならない――ちょっとした工夫が、キレイキープを循環させてくれるんですね!