砂糖ナシでも絶品ティラミスに!? スイーツ作りにも応用できる“甘酒”の無限の可能性 画像(1/2) クリームチーズと甘酒でティラミス作り!

優しい甘さが特徴的な“甘酒”は、日本人にとって馴染みのある飲み物。年末には初詣などで飲む人も多いと思いますが、そのまま口にするのではなくスイーツ作りに利用しても美味しさを発揮してくれるようです。

 

宮川大輔も絶賛した“甘酒ティラミス”の作り方

12月2日放送の「満天☆青空レストラン」(日本テレビ系)では、甘酒作りにかかせない“麹”を特集。その中で甘酒を使った“ティラミス”の作り方も紹介され、視聴者の注目を集めました。

料理名はズバリ「なんちゃってティラミス」。作り方は簡単で、まずビスケットを手で砕いてカップの中に。その後は濃い目のコーヒーをビスケットが全て浸る程までかけます。その後はクリーム作りで、クリームチーズをボウルの中で撹拌。柔らかくなるまで混ぜたら、ここで“甘酒”を投入します。

甘酒により“甘み”が加わるので、スイーツなのに砂糖要らず。しっかり混ぜ合わせたらコーヒーとビスケットの上にのせ、ココアパウダーを振って1時間冷やせば完成です。かなり簡単なスイーツですが、実食した宮川大輔は「あ、ティラミス… あっ! 美味い!」と絶賛。ゲストの小島瑠璃子も「すごい! あんな短時間で作ったとは思えない」と目を輝かせていました。

さらに宮川は「甘酒が“スキっと”させてくれてます」「こういう使い方もあるんですね」ともコメントしており、甘酒のポテンシャルに驚いた様子。視聴者からも「すごいヘルシーそう! 是非今度作ってみたい!」「砂糖を使わないティラミスか… 面白いな」「チーズと甘酒って発酵してるもの同士だから会うのかな?」といった声が上がっています。


砂糖ナシでも絶品ティラミスに!? スイーツ作りにも応用できる“甘酒”の無限の可能性 画像(3/2) 【写真を見る】甘酒を使ったスイーツのレシピは様々

 

甘酒はスイーツの材料にうってつけ!

番組で紹介されたティラミス以外にも、甘酒を使ったスイーツのレシピは様々。1974年から缶で甘酒を販売している「森永」の公式サイトでも、様々な甘酒スイーツのレシピが紹介されています。

例えば「東北焼き芋 甘酒蒸しパン」は砂糖を使わない簡単蒸しパン。まず生地の作り方は、ボウルにホットケーキミックスと甘酒、サラダ油を入れて泡だて器でよく混ぜましょう。その後、生地をカップの中に入れ皮ごと切った焼き芋をトッピング。電子レンジで約6~7分加熱したら出来上がりです。

他にもネット上では「甘酒をつかって“生チョコ”を作ってみた!」「甘酒をつかったゼリーとかヘルシーでおススメ。柑橘系とよく合う」「本で見たことあるけど、甘酒を使った“アイスケーキ”がかなり美味しそうだった」との声が上がっており、甘酒には多くの活用方法がある模様。

お正月に家族で飲んで甘酒を余らせてしまった時は、スイーツ作りに応用してみてはいかが?