「外サクサク中しっとり!」ゆうこりんが披露したHMと豆腐で作る簡単スコーン 画像(1/4) ジャムのペクチンで生クリームを簡単にホイップ

寒かった季節が終わり、今年も暖かな陽気の春が到来。寒くもなく熱くもなく、子どもと遠足に出かけるにはちょうど良い季節です。そこで今回は、外出にぴったりな“お出かけレシピ”の数々を紹介していきましょう。

食器洗い不要! 超簡単な「スコーン」レシピ

3月29日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)に、人気ママタレの小倉優子さんが登場。時短で出来るおでかけレシピ「スコーン&クリーム」の作り方を教えてくれました。

まずスコーンの作り方ですが、簡単に作れるだけでなくボウルやお皿も使わないので食器洗いも不要。材料は「ホットケーキミックス」「バター」「絹ごし豆腐」のたった3つだけです。まずジッパー袋に材料を全部投入。ちなみに絹ごし豆腐は、水切りせずにそのまま使います。

その後、袋ごと1分間もみこみ、袋の両サイドをカットして広げバット代わりに。生地を4等分にして形を整え、アルミホイルの上に並べましょう。あとはトースターに入れて焼くだけ。表面が焦げすぎないように途中でアルミホイルを上からかぶせ、10分間焼いたら完成です。

「外サクサク中しっとり!」ゆうこりんが披露したHMと豆腐で作る簡単スコーン 画像(5/4) 春のお出かけもに大活躍しそう!

クリームは、市販の生クリームを使用して“ホイッパー”を使わずに調理。密閉されたボトルに生クリームとイチゴジャムをいれて、約20秒シェイクします。こうすることで、泡立て器を使わなくても生クリームがふわふわに。

しかしなぜ、容器を振るだけでクリームがホイップされるのでしょうか。この理由について、小倉は「生クリームといっしょに、ジャムの“ペクチン”というのが… 固まるんですって」と解説。どうやらジャムに含まれる“ペクチン”という成分が生クリームの乳成分に反応することで、固まりやすくなるそうです。

さっそく実食した関ジャニ∞の横山裕は、「うまい!」「外サクサク中しっとり!」と絶賛。視聴者からは「スコーンってこんな簡単に出来るんだ!」「ゆうこりんのスコーン作ってみたけど本当に美味しい!」「簡単すぎて驚いた… ゆうこりんすごい」といった声が上がりました。

ラップを活用した「くるくるサンドイッチ」

番組で紹介された“ゆうこりんのスコーン”以外にも、簡単に出来るお出かけレシピは様々。そこでここからは、お出かけにぴったりな時短料理を紹介していきましょう。

「外サクサク中しっとり!」ゆうこりんが披露したHMと豆腐で作る簡単スコーン 画像(7/4) 【関連レシピ】くるくるサンドイッチ

最初は「くるくるサンドイッチ」。まず室温にもどしたクリームチーズに、はちみつを混ぜ合わせパンに塗るクリームに。その後いちごジャム、ピーナッツバター、はちみつクリームチーズを食パンに塗っていきます。

その後、食パンを15×20cm四方のラップの上に。手前から巻いてラップで包み、両端をねじって留めましょう。そのまま10分おき、2~3等分の長さに切ってからラップをはずせば完成です。

ピリ辛!「豚肉巻きおむすび(キムチーズ)」

「外サクサク中しっとり!」ゆうこりんが披露したHMと豆腐で作る簡単スコーン 画像(10/4) 【関連レシピ】豚肉巻きおむすび(キムチーズ)

お次は「豚肉巻きおむすび(キムチーズ)」。バットに下味の材料を混ぜ、豚肉を並べて10分以上おきます。ご飯にごまを混ぜて6等分にし、塩をふって俵形に。その後おむすび1個を豚肉2枚で巻きましょう。

フライパンにごま油を薄く塗り、おむすびを並べて加熱。肉全体に焼き色がついたら4等分にしたスライスチーズをのせ、ふたをして蒸し焼きに。最後に刻んだ白菜キムチや焼きのりを乗せたら出来上がりです。

4月の終わりには大型連休が控えていますが、今年は美味しい時短料理を持って少し遠出してみてはいかが?