加齢臭・ワキガにも効果的! 100円で作る魔法の消臭スプレー「ミョウバン水」 画像(1/2) ミョウバンはさまざまな匂い取りに効果を発揮

夏が近づくにつれて、気になり始める“匂い”問題。特に汗をよくかく人は、悩まされることも多いはず。今回は、そんな匂いに効果を発揮する“魔法の消臭スプレー”の作り方を紹介します。

“魔法の消臭スプレー”の作り方

以前放送された「プロから学ぶ生活術 ダメだし!アドバイザー」(テレビ朝日系)では、お笑いコンビ・バイきんぐの西村瑞樹さんの家を訪問。家に物が散らかりまくり、まったく整理整頓ができない西村さんの部屋をきれいにするための方法が伝授されました。

掃除・収納のエキスパートである中山真由美先生が注目したのは、西村さんがネットで調べた知識をもとに、匂いを取るために冷凍庫に入れていた帽子。西村さんいわく、1回洗った帽子を乾かしてジップロックに入れて凍らせると、菌が死んで帽子の匂いがとれるのだそう。

しかし中山先生は、その方法だと常温に戻ると匂いが戻ってしまうとコメント。実際にバイきんぐの小峠英二さんが常温に戻した帽子の匂いを嗅いだのですが、「うわ くせっ!」と顔をしかめていました。

そこで中山先生が紹介したのが、“魔法の消臭スプレー”こと「ミョウバン水」の作り方。ミョウバンは食品添加物の一種で、スーパーや薬局で100円程度で購入できます。酸性のミョウバンを入れたミョウバン水が、匂いの素となるアルカリ性のアンモニアを中和させることで匂いを軽減。汗の匂い、焼肉の匂い、加齢臭、ワキの匂いなどに効果を発揮し、体に振りかけてもOKです。

準備するものは、ぬるま湯100ccとミョウバン10g。体に振りかける際は、ミョウバンは5gと少なめにしておきましょう。ボトルにミョウバンを入れてぬるま湯を注ぎ、溶けるまで水をシェイクするだけ。あとは気になる匂いの素へミョウバン水をふりかけて、乾くまで放置します。

この方法で乾かした帽子の匂いを小峠さんが再び確認すると、「あ~、大丈夫!」と平気そう。実際にミョウバン水を使っている人からも「ミョウバン水、びっくりするほど匂いが消える」「これは本当に効果がすごいのでぜひ活用してほしい!」「安くてしかも簡単にできるからずぼらさんにもぴったり」と好評のようです。

ミョウバンの活用法

加齢臭・ワキガにも効果的! 100円で作る魔法の消臭スプレー「ミョウバン水」 画像(3/2) 【写真】100均ショップでも販売されているミョウバン

化粧品メーカー「石澤研究所」公式サイトでは、ミョウバンを「世界最古のエチケットケア成分」と紹介。匂いを抑える消臭スプレー以外にも、スキンケアやカビ予防などさまざまな方法で活用されています。

ネット上でも「お風呂にミョウバン水入れると、体臭予防にもなるしアセモ予防にもなるから夏はぜひ!」「猫のおしっこの匂いとかにもめちゃくちゃ効くよ~!」「ミョウバン水で鏡拭くとめちゃくちゃ綺麗になる」といった声が。

制汗からスキンケア、掃除まで、1つでさまざまな効果を発揮する“ミョウバン”。今年の夏はミョウバンパワーで、より快適に過ごしてみては?