卵焼きがふわふわに~⁉ 料理から美容まで使える「炭酸水」の意外な活用術

スーパーやコンビニなどで簡単に安く手に入る“炭酸水”には、意外な活用術が多く存在します。そこで今回は、炭酸水の活用術を徹底的にリサーチしていきましょう。

■ ふっくらフワフワ「炭酸入り卵焼き」

5月16日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)では、“炭酸水”の意外な活用法が紹介されました。まずは炭酸水の意外な効能から。炭酸水には「食欲増加」と「食欲抑制」の2つの効果があり、その効能は飲み方によって変わってくるそう。

番組によると冷たい炭酸水を少し飲むと“食欲増進”に、一方常温の炭酸水を多量に飲めば“ダイエット効果”に繋がります。

お次は炭酸水を使って、「卵焼き」をフワフワに仕上げる方法。炭酸水を加えて卵焼きを作るとふっくらフワフワになるだけでなく、時間がたってもヘタらないのでお弁当にも最適です。作り方は卵2個とお好みの調味料をかき混ぜたあとに、炭酸水大さじ1杯を加えるだけ。焼く直前に炭酸水を入れるのがポイントです。あとは普段通り卵焼きを焼いていくだけで、ふっくらフワフワな卵焼きのできあがり。

さらに番組では、夏におすすめの「そうめんの炭酸水割り」も紹介。普通は“水”で割るめんつゆを“炭酸水”に変えるだけで、シュワシュワ感が麺に移り爽やかな喉ごしが楽しめます。実際に街の人にそうめんの炭酸水割りを食べてもらうと「シュワっとくるので夏にすごく合う」「(水で割ったつゆと比べて)炭酸水割りがおいしかったです」と、大好評の様子でした。

■ 炭酸水を使えばお米もふっくら炊き上がる!?

番組で紹介されたもの以外にも、炭酸水の活用術は多く存在している模様。ネット上では「1.5リットルの炭酸水をしこたま買って炭酸水風呂作ったよ」「炭酸水洗顔&シャンプー、めちゃくちゃすっきりする! そのあとに化粧水つけると吸収力もよくなっておススメ」「アイスボックスのグレープフルーツ味に炭酸水入れて飲んでみて。カロリーが低くてダイエット中でも飲めちゃう」といった声が多く見られました。

また以前放送された「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)でも、炭酸水の活用術を紹介しています。炭酸水を使って米を炊くと、炭酸水素ナトリウムと米のデンプンやたんぱく質が反応してふっくらとした炊き上がりに。さらに炭酸水で魚を洗うと、ぬめりや臭みをとる効果もあると明かされています。

美容から料理まで、様々な場面で活躍できる炭酸水。スーパーやコンビニで簡単に手に入るので、炭酸水パワーを実感してみてはいかが?