高血圧改善にはオクラ茶? 食物繊維が豊富な“オクラ”の知られざるパワー 画像(1/3) オクラパワーを効率的に取り入れる方法とは?

冬は血圧が変動しやすい季節。

全国健康保険協会も、公式サイトで「日ごろから血圧が高い人は、狭心症の発作や心筋梗塞など、思わぬ事態につながることもあるので注意が必要」と呼びかけています。

そこで今回は、高血圧の人におススメな“とある食材”を紹介していきましょう。


高血圧の人には“オクラ”が最適?

今年11月放送の「こんな私は何を食べればいいですか?」(TBS系)には、下北沢病院・糖尿病センター長の富田益臣先生が登場。

高血圧の改善が期待できる食材として、“オクラ”を挙げていました。


富田先生は「食事の前にオクラを食べると、オクラに含まれる食物繊維が胃に入った糖分を包み込んでくれる」と解説。

さらに「そのまま糖分を腸で吸収させずに排出してくれますので、血糖値が上がりにくくなるんです」とも語っています。


番組によると、オクラに含まれている食物繊維はキャベツの2.5倍。

ゴボウよりも食物繊維は少ないですが、糖質も少ないので高血糖の人にはおススメとのことです。

しかしそんなオクラパワーを引き出すためには、調理をする際にとある注意点が。

オクラの食物繊維は熱に弱く水に溶けやすい性質があるため、炒めたり茹でてしまってはいけません。


そこで富田先生が推奨したのは“オクラ茶”。

お茶ポットの中にオクラと水を入れ、放置するだけで作れます。

“水に溶けやすい”という性質を逆手に取ったお茶ですが、緑茶で作るとカテキンとのWパワーが期待できるのだとか。

実際にオクラ茶を飲んだ出演者からは、「え? 普通のお茶」「オクラ感ゼロ!」と驚きの声が続出しました。


番組に登場したオクラ茶には視聴者も興味津々の様子。

SNSなどでは「ちょっとこれは試してみたい」「“オクラ感”がないんだったら初めてみようかな?」「ちょうど検診が近いしオクラを大量に買ってきた」といった声が上がっています。


ドレッシングが決め手の「トマトとオクラのにんにくサラダ」

高血圧改善にはオクラ茶? 食物繊維が豊富な“オクラ”の知られざるパワー 画像(3/3) 【関連レシピ】トマトとオクラのにんにくサラダ

オクラは様々な料理に応用できる食材。

そこでここからは、オクラを使ったレシピの数々を紹介していきましょう。


まずは「トマトとオクラのにんにくサラダ」。

トマトはくし形に切ってから横半分にカット。

オクラは塩少々でもんで洗い、縦半分にしたらトマトと合わせます。

食材の準備ができたら、味の決め手となるドレッシング作り。

小鍋にしょうゆとにんにくのみじん切り、酢、オリーブ油を入れ熱していきましょう。

最後にドレッシングをトマトとオクラにかけたら完成。

塩分も控えめで低カロリーなので、是非試してみてはいかがでしょうか。


ネバネバが美味しい「しゃぶしゃぶサラダ」

高血圧改善にはオクラ茶? 食物繊維が豊富な“オクラ”の知られざるパワー 画像(6/3) 【関連レシピ】しゃぶしゃぶサラダ

お次は「しゃぶしゃぶサラダ」。

こちらは“オクラドレッシング”を使った料理で、オクラは塩をまぶして軽くこすりさっと水洗い。

へたと種を除いて薄切りにし、酢やオリーブ油といった調味料と合わせたらネバネバのドレッシングに仕上がります。

ドレッシングが作り終わったら、サラダに入れる具材の下ごしらえ。

にんじんとエリンギは塩少々とワインを加えた熱湯で茹で、冷水にとったら同じ熱湯で豚肉にも火を通しましょう。

にんじん、エリンギ、豚肉の水けをきったら器に盛りつけ。

仕上げにネバネバなオクラドレッシングをかけてでき上がりです。


血圧の高さで困っている人は、ネバネバで美味しいオクラを料理に組み込んでみてはいかが?