秘密は“湯気”にアリ? 風邪予防にはとんこつラーメンが効果的! 画像(1/2) 脂分が風邪ウイルスを撃退?

ここ最近、“とんこつラーメン”が喉を守るという情報が話題を集めているそう。

“トンデモ理論”のようにも思えますが、何がキッカケで広まった話なのでしょうか。

以前放送された「5時に夢中!」(TOKYO MX)では、「とんこつラーメンによる風邪予防」について言及していました。


とんこつラーメンの脂分が風邪ウイルスを撃退する?

事の発端は、テレビのナレーションなどを担当している声優さんの経験談から。

その声優さんは、ある時喉の不調を感じてしまいます。

しかしたまたま食べたとんこつラーメンによって「喉の粘膜がコーティングされたような感覚」になり、コンディションが回復したそう。


これに対して医学博士の左門新先生は、「とんこつラーメンは油脂が多いため、湯気には脂分が豊富。この湯気が声帯を保護すると考えられます」「この時声帯だけでなく気管支も脂分で保湿され、異物を外に押し出す繊毛の動きが活発化して風邪ウイルスを撃退してくれると思われます」と分析。


すると出演者の美保純さんも、「(とんこつラーメンは)ミルキーな感じがする」「激辛ラーメンよりは良いような気が」「ちょっと食べてみようかな…」と少し感心したような表情を覗かせます。


はじめはトンデモ理論だと疑っていた視聴者も、左門先生の分析に納得したよう。

ネット上には、「とんこつラーメンで風邪を撃退なんて最高ですね」「最初は何言ってんだという気持ちで見てたけど、お医者さんの分析を聞いたら本当に効くような気がしてきた」「この冬は週3でとんこつラーメンを食べることにしよう」「『脂分が気管支を保湿』って説得力あるなぁ。これは信じるしかない」と反響の声が上がっていました。


有名な風邪対策でも間違っていることがある!

秘密は“湯気”にアリ? 風邪予防にはとんこつラーメンが効果的! 画像(3/2) 【写真】医学の発展により新たな対策法も発見されている?

風邪を引きやすいこの季節は、対策に余念がない人も多いでしょう。

しかし世間で言われている方法が全て正しいとは限りません。

以前放送された「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)では、一般的に知られる風邪対策の誤りを教えてくれました。


例えば「汗をかいて風邪を治す」といった対処法は、よく耳にしますよね。

しかし無理して汗をかくのは体にとって全く良くありません。

普段通りの心地良い温度でおとなしく寝ているのが一番です。


また内科医の森田豊先生は、番組の中で「ビタミンCが風邪に効くって言われていますが、あれは嘘です」と驚きの事実を紹介。

森田先生曰く話の出どころは、かつてアメリカの博士が執筆したビタミンCと風邪に関する書籍とのこと。

その影響で信じる人が続出しましたが、後の研究で意味がないということが分かりました。

こちらもかなり有名な対処法の1つですよね。

巷に溢れる様々な“知恵袋”には、想像以上に間違った情報が多いのかもしれません。


本当に体調が悪い時は、民間療法に頼らず病院に行くよう心掛けましょう。