きのこのカルツォーネ

きのこのカルツォーネ
きのこのカルツォーネ

きのこのソテーをフォカッチャで包んだピッツァ

材料(4人分)

フォカッチャ生地
・ドライイースト…小さじ1/2
・湯(35〜40℃)…80cc
・強力粉…150g
マリナーラソース
・にんにくのみじん切り…大さじ1/2
・ローズマリー…1枝
・タイム…3〜4枝
・オレガノ(乾燥)…ひとつまみ
・オリーブ油、白ワイン各少々
・トマトソース(作りやすい分量 ホールトマト缶3缶[約1200g]、にんにくのみじん切り1片分、玉ねぎのみじん切り小1個分
、バジルの葉2〜3枚、ローリエ1枚、オリーブ油)…150cc
・塩…適宜
きのこのソテー
・しめじ…1/2パック
・まいたけ…1/2パック
・エリンギ…1本
・にんにくのみじん切り…小さじ1/2
・オリーブ油、白ワイン、塩…各少々
ゴーダチーズ(2mm厚さ)…12枚
・打ち粉(強力粉)、塩、オリーブ油

下ごしらえ

  1. トマトソースを作る。鍋にオリーブ油大さじ2とにんにくを入れて火にかけ、香りが出たら玉ねぎを加え、あめ色になるまでよく炒める。トマトはボウルにあけ、にぎりつぶして種を出し、さらにつぶして1に加える。缶汁をこして加え、約10分煮る。バジルとローリエを加えて火を止める。

作り方

  1. フォカッチャ生地を作る。ボウルにドライイーストと湯を入れ、イーストが表面に浮いてきたら強力粉を加え、全体がなじむまで練る。ラップをして室温で2時間おいて発酵させる。
  2. マリナーラソースを作る。鍋にオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが出たらみじん切りにしたハーブ、白ワイン、トマトソースを加えて弱火で5分煮て、塩で味をととのえる。
  3. きのこのソテーを作る。しめじは小房に分け、まいたけ、エリンギは食べやすく手で裂く。鍋にオリーブ油とにんにくを入れて火にかけ、香りが出たらきのこを加えて炒める。白ワインを加え、塩で味をととのえる。
  4. 台に打ち粉をふり、1の生地を4等分してめん棒で直径約20cmにのばし、それぞれ中央に2をぬり広げてきのこのソテーをのせ、チーズを並べる。生地を半分に折ってパイカッターなどで縁を切り落とし、しっかり押さえてくっつける。
  5. 250℃のオーブンで3〜4分焼き、塩をふり、オリーブ油をかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。
※レシピ作成・表記の基準等は、「レシピについて」をご覧ください。

カテゴリ:
主な食材:
イベント:
ジャンル:
  • イタリアン
レシピ作成・調理:
撮影:
  • 中野博安

食材の扱い方・ポイント

ローズマリー
ローズマリー
地中海沿岸地方原産、高さ1.8mほどになるシソ科の常緑性低木で、細く短い松葉状の葉や若い…
タイム
タイム
南ヨーロッパ原産のシソ科の植物で、西洋料理、特にフランス料理に欠かせないハーブです。上品…
玉ねぎ
玉ねぎ
生で、炒めて、煮て、揚げて、焼いてと、いろいろに調理され、和・洋・中、いずれの料理でも使…

切り方

皮をむく(1)

上下を落として皮をむく。

皮をむく(2)

残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。

輪切り

玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。

みじん切り(1)

縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。

みじん切り(2)

90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。右側から細かく切るとみじん切りに。

くし形切り(1)

根元を切らないよう、根を切り落とす。

くし形切り(2)

包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。

薄切り

縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります(画像のもの)。形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。
横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横(輪切りと同じ向き)に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

にんにく
にんにく
独特の香りと風味が特徴の香味野菜。イタリア料理、フランス料理、中国料理、韓国料理など、世…

基本の扱い方

つぶす

薄皮をむいたにんにくをまな板にのせ、木べらなどをあて両手で押してつぶします。

みじん切り(1)

新にんにくでない場合は中心に芽があます。芽の部分は味も口当たりもよくないので、縦半分に割ってから除きます。

みじん切り(2)

切り口を下にして置き、左端を切り離さないようにして、上からと横から細かく切り目を入れ、右端から切り落としていくと効率よく切れます。

バジル
バジル
強い香りが特徴のシソ科の香草。イタリア語ではバジリコ、フランス語ではバジリクといい、ヨー…
しめじ
しめじ
一般にしめじや本しめじの名前で売られているのは、「ぶなしめじ」や、「しろたもぎだけ」、「…

基本の扱い方

石づきを切る

火の通りが早いので炒めもの、煮もの、さっとゆでてサラダにといろいろな料理に使えます。それに面倒な下ごしらえも不要。石づきのかたいところだけを包丁で切り落とします。

小房に分ける

手で裂いて食べやすい分量に分けます。

まいたけ
まいたけ
名前の由来は、舞い上がるほどおいしいから、とか。「幻のきのこ」とされてきましたが、70年…

基本の扱い方

小房に分ける

石づきがついていないものが多いので、根元は切らずに、手で縦に裂いて食べやすくします。
炒めものなどにする場合、大きいようなら長さを半分にしても。

エリンギ
エリンギ
エリンギは、本来は日本では自生しないきのこで、流通しているものは、温度・湿度管理のもとに…

基本の扱い方

手で裂く

縦に半分に裂いて、さらに2〜3等分に裂きます。根元に包丁で切り目を入れると裂きやすくなります。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //