料理レシピや節約術など生活のアイデア満載!
メニュー
    

リバウンドなしってほんと!? うわさの「月曜断食」メソッド

「年齢とともにやせにくくなった…」「ダイエットしてもリバウンドする」そんな悩める人に朗報! それが、いま大ブームの「月曜断食」です。これは1週間に1日だけ断食をする、ごくシンプルなダイエット法。特別な道具を使ったり、お金をかけたりすることもなく、理想のボディに導いていきます。
たった1カ月取り組んだだけで「5~7kgやせた!」という成功者が続出。ダイエットができるばかりか、「肌がきれいになった」「疲れにくくなった!」といった美肌&健康効果も注目されています。
そんな気になる「月曜断食」のやり方や、成功ルールのコツとは? 気になるメソッドに迫ってみましょう。

話題の「月曜断食」って、いったいどんなメソッド?

「月曜断食」とは、読んで字のごとく1週間のうち月曜のみ断食を行う健康法。月曜は、水のみの「断食(不食)」で過ごし、火曜から金曜までの平日は腸が喜ぶ「良食」を摂り、土日は好きなものを食べる「美食」というサイクルを繰り返します。
食事を断つのは、たった1日。断食した翌日の火曜~金曜は、ヨーグルトや野菜を中心にした糖質を控えめの食事で体重を落とし、乱れた食リズムを整えながら、食べ過ぎにより鈍ってしまった胃腸の機能を整え、代謝を上げていくというものです。
一般的に断食というと「つらい」「ガマン」のイメージがつきまといますが、食を断つのは1日だけなので、実践した人のほとんどは無理なくこなせるそう。平日の夜はアルコールもOKですし、土日には好きなものを食べられるため、きつい食事制限を強いられるダイエット法と違い、ストレスはほとんどありません。
そして何よりもうれしいのは、結果が出るのが早いこと! モチベーションがぐっと上がるので、継続しやすいのが特徴です。

もちろん、断食は必ず月曜日でなくてもよく、自分のライフスタイルに合わせて設定できます。

  • 不食 月曜日は食べ物を断ち、基本は水だけを飲んで過ごす
  • 良食 火~金曜日は腸が喜ぶ食事をとる
  • 美食 土日は好きなものを食べ、食べる楽しみを満喫し、心を満たす
月曜
(不食)
断食 断食 断食
火曜
(良食)
旬の果物と
ヨーグルト
おかずのみ 野菜料理
アルコール
OK
水曜
(良食)
旬の果物と
ヨーグルト
おかずのみ 野菜料理
アルコール
OK
木曜
(良食)
旬の果物と
ヨーグルト
おかずのみ 野菜料理
アルコール
OK
金曜
(良食)
旬の果物と
ヨーグルト
おかずのみ 野菜料理
アルコール
OK
土曜
(美食)
好きなもの 好きなもの 好きなもの
アルコール
OK
日曜
(美食)
好きなもの 好きなもの 好きなもの
アルコール
OK

基本のやり方は簡単! 月曜日は水だけで過ごし、一切食べ物を口にせず「断食」するだけ。ただし、断食後の平日は、朝はヨーグルトと季節の果物、昼はおかずのみ、夜は野菜スープやサラダといった野菜料理の「良食」で過ごし、体の調子を整えます。そして土日は好きなものを食べる「美食」日。こぶし2つ分までの量を守れば肉や揚げ物、炭水化物もOKです。
一般的に断食というと「つらい」「ガマン」のイメージがつきまといますが、食を断つのは1日だけなので、実践した人のほとんどは無理なくこなせるそう。平日の夜はアルコールもOKですし、土日には好きなものを食べられるため、きつい食事制限を強いられるダイエット方法と違い、ストレスはほとんどありません。

そして何よりもうれしいのは、結果が出るのが早いこと! モチベーションがぐっと上がるので、継続しやすいのが特徴です。
それぞれの曜日の食事内容について、もう少し詳しくふれてみましょう。

月曜 → 不食

月曜日は、食べ物を断ち、基本は水だけ飲んで過ごします。体を冷やさないためにも、冷たい水をゴクゴク飲むのではなく、常温か白湯で摂るといいでしょう。断食前、食べ過ぎていたり、甘いものばかり食べていた人は、ふらつきや頭痛があることも。どうしても空腹に耐えられない場合は、スポーツドリンクを2口ほど噛むようにしてゆっくり飲みます。

火~金曜 → 良食

断食明けの回復食は、腸がよろこぶものを選んで食べましょう。
朝いちばんは、空腹の胃腸が求めるやさしいものを。選びたいのは、乳酸菌が豊富なヨーグルトと、酵素を含む果物です。
ヨーグルトは、無糖タイプをコーヒーカップ1杯程度。甘みが欲しいときは質のいいハチミツを足してもかまいません。
そして果物は、2分の1個程度を。バナナやマンゴーのような糖質が高く甘みの強いものではなく、キウイやリンゴ、柑橘系がおすすめです。

そして昼は、おかずのみです。消化に時間がかかる炭水化物(お米、麺類、パン)を除けば、自由に食べて基本OK。ただし、揚げ物の衣には炭水化物であるパン粉や小麦粉が使われているので、摂り過ぎには注意を。食べる量は、こぶし2つ分までです。

良食の期間は、乳酸菌が豊富なヨーグルトや、酵素を含む果物を食べましょう

夜は、寝る前の食事なので、野菜スープやサラダ、おひたし、蒸し野菜など、消化が早く胃に負担をかけない野菜料理を選びます。胃の滞在時間を短くしたいので、調理の際は油を控えめにしましょう。
また、野菜スープは洋風でも和風でもかまいません。具材は、大根以外の根菜(ニンジン、レンコン、ジャガイモ、カボチャ)は、糖度が高いので避けます。そして食べる量は、昼と同様こぶし2つ分までです。

アルコールは飲まない方がベストですが、もしどうしても飲みたいなら、糖質の高いビールや日本酒は避け、チューハイ1杯、あるいはワイン1~2杯程度にとどめましょう。

美食の期間は、ステーキやお酒など、好きなものを食べてかいません

土・日曜日 → 美食

朝・昼・夜ともに、好きなものを食べてかいません。ただし、それぞれ1回に食べる量は、こぶし2つ分まで。よく噛んで、味わって食べましょう。ダイエットのスピードを上げたい、月曜の断食日をラクに過ごしたい人は、日曜の夜の食事は軽めにします。

月曜断食には、どんなメリットがあるの?

「断食(不食)」→「良食」→「美食」のサイクルを繰り返すだけの月曜断食。特別な道具も一切不要で、お金もかからないから、思い立ったらすぐ始められる点も人気です。
ダイエットとして注目されている月曜断食ですが、このメソッドの最大の目的は、食を断って胃腸を休めることにあります。
そもそも現代人は多くは、日常的に食べ過ぎている傾向があり、加えて消化に時間がかかるものばかり食べているため、思った以上に胃腸が疲れているもの。月曜断食は、あえて食を断つことで胃腸を意識的に休ませ、元気を取り戻します。
胃腸の働きがよくなると、眠りの質が向上するため、肌の調子がよくなったり、疲れが取れやすくなったり、体が軽くなって活動的になった結果、心まで前向きになったりと、いいことがたくさんあるようです。

月曜断食5つのルール

月曜断食を成功させるもうひとつのコツが、5つのルール。「ダイエットの効果が思うように出ない」という人は、このルールが守られていないことが。逆にこのルールを守るだけで、スピーディーな結果を望めます。

  • ルール1

    食べる目安は、こぶし2つ分まで

    胃の大きさは、こぶし1~2つ分ほど。ですから1回に食べる量は、胃に収まるこぶし2つ分までにします。これは火曜~金曜の「良食」と、好きなものを食べられる土日の「美食」、共通のルールです。
    こぶし2個までに収める理由は、筋肉でできている胃は伸び縮みするため、食べ過ぎて胃が大きくなると適量の食事量で満足できなくなることがあるから。ダイエットにも影響にしますので、食べ過ぎには注意しましょう。
    料理によってボリュームが異なるので、こぶし2つ分の量は分かりづらいですが、厳密でなくても構わないので、咀嚼したときに、こぶし1~2つ分で収まる量を意識しましょう。

  • ルール2

    水は1日1.5~2リットル飲む

    お水しか口にしない断食中の月曜はもちろん、ほかの日でも、水はできるだけきちんと摂りましょう。目標は1.5~2リットル。多い人では、1日に2~3リットルの水を排出するといわれているので、不足しないようにこまめに摂取しましょう。水をしっかり摂ることで、代謝がよくなります。
    ただし、同じ水分だからといって、断食中の月曜にコーヒーや緑茶、紅茶などのカフェインを含む飲み物を摂るのは避けること。胃の粘膜を刺激するため、食欲が増してしまったり、気持ちが悪くなったりすることもあります。また水は、硬水よりも日本人の体に合う軟水がベター。体を冷やさないように常温か白湯で飲むようにします。

    月曜を除いては、水以外を飲んでかまいませんが、基本的におすすめは水です。
    コーヒーや紅茶が飲みたくなったら1日何杯も飲むことは避け、午後のひと息に1杯など、飲み過ぎないように心がけます。

  • ルール3

    今日中に寝る

    人間の体にある細胞は、寝ている間に修復、回復します。ですから、睡眠をおろそかにしていてはいけません。
    理想は成長ホルモンが活性化するとされる22時頃には就寝したいですが、現代社会ではなかなか難しい話。できれば23時、遅くとも24時前には寝るようにしましょう。
    また、質のいい睡眠を手に入れ、体の修復や回復に十分なエネルギーを注ぐには、空腹の状態で寝ることも大切です。
    火曜~金曜の夕食は、寝る2時間前には済ませると、ちょうどいい状態で就寝できます。また断食前の日曜は夜の食事は、消化に時間がかかる炭水化物を抜いて軽めにし、早めに寝ると、月曜の断食がラクに過ごせますよ。

  • ルール4

    食べ過ぎた日の翌日は、夜断食で調整

    ときには食べ過ぎてしまうこともあるはず。暴飲暴食とまではいかないけれど、「食べ過ぎてしまった」と感じたら、翌日の朝と昼はこれまで通りのメニューにし、夜だけ断食で調整を。こうすると早い段階で、食べ過ぎを「なかったこと」にできます。
    また、1度きりの食べ過ぎで、今までの努力が水の泡になることはありません。
    食べ過ぎても「これでダイエットは失敗!」と自暴自棄にならず、「失敗は取り返すことができる!」の気持ちで、コツコツ月曜断食を続けていきましょう。

  • ルール5

    自己流解釈はしない

    月曜断食にトライする人の中には、これまでもいくつかのダイエットに挑戦し、リバンドを繰り返してきた人が少なくありません。
    さまざまなダイエット法を取り組み、知識を蓄えた人にありがちなのが、月曜断食のルールを、自分の都合のいいように書き換えてしまうこと。
    中には、断食が済んだ火曜~金曜の食事の重要性を理解しないで、「血糖値を急上昇させない低GI値や低糖類だから、玄米やブランのパンならいいかな」と、炭水化物を食べていた結果、思うように体重が減らなかったケースも。
    もし、月曜断食がうまくいかなかないなら、自分流の解釈をせず基本に忠実に取り組んでいるか、方法を見直してみましょう。

「月曜断食」提唱の関口先生にインタビュー!

ダイエットはもちろん、腸内環境を整えて、健康体を目指す方にも取り組んでほしい

「月曜断食」を考案した、鍼灸師の関口賢先生に、月曜断食のメリットや腸内環境について、お話を伺いました。

関口 賢(せきぐち まさる)先生

関口鍼灸治療院 HEAL the WORLD 総院長。東京メディカル・スポーツ専門学校鍼灸師科卒業後、中国式鍼治療専門店ハリ―(HURRI)の王尉青先生にあこがれ、弟子入り。歌手、モデル、タレントなどのボディマネジメント・ダイエットアドバイザーとしてサポートのほか、プロのサッカー選手、プロゴルファーのトレーナー活動なども行う。のべ7万人の臨床経験を活かし、時代に合った新たな鍼灸の確立を目指す。

月曜断食は、実は月曜に断食することがメインではありません

私たちの体は、口にするもので体は作られています。ところが私たちの生活を振り返ると、どうでしょう? 現代は、食べ物もいつでも得られる飽食の時代。明らかにカロリーが高い食事に傾きがちで、ストレス社会で不規則な時間に食べることも多いはずです。そんな食生活が引き金で、もともとあった不調が悪化している人も少なくありません。

月曜断食は、食べ過ぎによって悪化している不調を、胃腸を休めて体をリセットすることで修復能力を高め、悪い方向を正すというものです。
ですから月曜断食の本来の目的は、体重を落とすことではなく体を健康的に変えていくこと。食べ過ぎをやめ、胃腸の働きがよくなった結果として、「やせる」というおまけがついてくるのです。

よく勘違いされてしまうのですが、「月曜断食」は月曜に断食することがメインではありません。大切なのは、断食後の食事。食べ物が素直に入る体にセットアップした(整えた)後に、いかにいい食事をとることが重要なのです。
断食後、いちばんに食べてほしいのが、ヨーグルトと季節の果物です。
空っぽの胃腸に入れることで、ヨーグルトに含まれる乳酸菌、そして生の果物に多い酵素といった体にいいものがダイレクトに届くため、腸内環境も整いやすくなります。
実はそれこそが月曜断食のいちばんのメリットなのです。
私も、朝は起きたら飲むタイプのヨーグルトをまず摂ったあと、さらに朝食でヨーグルトと果物を食べています。これは長らく続けている朝の習慣です。

東洋医学においても、腸内環境を整えることが大切です

「月曜断食」を考案した関口賢(せきぐち まさる)先生その1

腸内環境の大切さについては、現代医療の分野から語られていますが、それは月曜断食の根底にある東洋医学でも同様です。
東洋医学では、腸内環境が悪化すると全身に必要なエネルギー(気)を補うことができなくなると考えられています。気の流れが悪くなると、それにともない血液や水の流れが悪くなり、疲れやすくなったり、冷えからむくみやすくなったりする、いわゆる毒素が溜まった状態に。多くの体の不調は腸からやってくる、といわれるのはそのためです。

また最近、糖質制限ダイエットがブームですが、東洋医学でも、炭水化物や糖質の摂り過ぎは、気を付けてほしいことのひとつです。
東洋医学の五行と呼ばれる思想では、糖質を多く摂り過ぎると脾臓と胃に負担がかかり、それが肺と大腸に悪影響を及ぼすと考えられていて、めぐりの悪さを助長します。ひいてはこれが腸内環境を悪化させたり、婦人科系の不調につながったりするのです。
糖質は主なエネルギー源ですが、現代人は糖質を多く摂る傾向にあるので、月曜断食では控えめにするようにお願いしています。

腸内環境が悪いといろんな不調を招くことになりますが、逆に腸内環境がよくなると幸せホルモンと言われるセロトニンが分泌されるため、精神的に安定することも多いようです。また、ダイエット、美肌、女性ホルモンの安定にもつながると言われています。

断食前後は、糖質が少ない、消化のいいものを

「月曜断食」を考案した関口賢(せきぐち まさる)先生その2

月曜断食の成功ポイントは、断食でセットアップされた胃の状態をいかに持たせることにあります。ですから断食直後は、食べ過ぎを避けるのはもちろん、消化に時間とエネルギーがかかる糖質を控えるのが好ましいのです。具体的に摂りたい食材は、消化が早い野菜スープやスムージー、ヨーグルトなどになります。

こうした食事は、月曜断食の下準備や助走にも役立ちます。
よく、月曜断食を始める前の日の夕食、「最後の晩餐」とばかりに、おなかいっぱい食べてしまう人もいるのですが、満腹になると翌日の月曜に空腹を強く感じてしまい、断食が苦しいものになってしまいます。スムーズに月曜断食に取り組むためにも、あえて日曜の夜は消化のいいものを摂り入れて軽めにしておくとハードルが下がり、挫折しづらいですよ。

健康的なこれからのためにも「月曜断食」を

「月曜断食」を考案した関口賢(せきぐち まさる)先生その3

月曜断食に取り組んだ多くの女性から「びくともしなかった体重や体脂肪が減った!」という声をいただいています。成功体験により、自分に自信が持てるようになり、女性としての輝きを増している方が多いですね。家族に余裕を持って接することができるようになったなど、メンタルの変化を手に入れられたことが一番の収穫、という声もあります。

40、50代になると、女性はホルモンバランスが崩れやすく、女性特有の疾患が増えがちに。そのような大事な時期を迎えた方はもちろん、迎える前の方も、月曜断食で体をいい状態に変えてあげることは、これから先の健康づくりにもつながると思っています。
ぜひ多くの方に、月曜断食のよさを体感していただきたいですね。

人気イラストレーターのなとみみわさんが「実際に試してみました~!」

いまさら嫁にいくわけでもないし、ダイエット、もういっかな~

と、ダイエット人生の幕を降ろそうとしていたそんな時・・・

同業のイラストレーターダイエット仲間で月曜断食をやることに… あれ~断食っていったらなにも食べちゃいけないんでしょ? 1日とはいえ、そんなの耐えられるかな…ちょっと怖いんですけどー!?

確かに、丸一日食べられない断食ってなんか怖い。
・・・でも・・・でもね・・・

あの3人だけがやせるだなんて… もっともっとこわーい!!

と、いささか不純な動機でスタートした
そんななとみの断食初日

日中は余裕だったのに夕方からなんかきつい… でもそんな時こそ! SNSですぐに支え合える SNSブラボー(ハート)

あんなに怯えていた月曜日の断食も
慣れると意外と大丈夫。
断食明けの次の日は
体が軽く頭もスッキリしている気がする。

考えてみたらお酒も飲めるし美食日には大好きなパンも食べられるわけで、このダイエット、合ってんじゃない?

まあ2回ほど「一人春のパン祭り」
という炭水化物の大暴走があったものの・・・

飲んだ帰り、家にたどり着くまでにあるコンビニに寄り「菓子パンを買って食う!」というまさかの菓子パンのはしご…

せっかく飲み会はガマンできたのに・・・全てパー・・・(涙)

しかしここで諦めず、次の日食事をコントロールしたり、夜断食をしたり、
仲間と支え合うこと三ヶ月・・・

やったー! 目標のマイナス5kgを達成!!

私的には断食当日よりも、断食明けの良食日がきつかった〜〜〜。
炭水化物暴走の日も、やはり良食日・・・(良食日って4日もあるんだもん!)

ダイエット成功の秘訣は美食日があるということと、酒が飲めたということ。
そしてSNSで仲間と一緒に励まし合いながらやったということ。

現在月曜断食はお休みしてますが
相変わらず朝はヨーグルトに果物半分(笑)それに納豆を足したり、味噌汁、スープを足したりね。
食べ過ぎたら夜断食でコントロールなどしております。
体重も2キロほどリバウンドしましたが
今はマイナス4.5キロをキープしつつ、筋トレに励むまいにちです。(筋肉大事!!)

いつまでも若々しい自分でいたいわ(ハート)

引き続き、頑張ります!

なとみみわ

ダイエット歴うん10年の万年ダイエッター。アラフィフだからでしょうか…最近痩せると顔がコケて「病気!?」と友人が震え上がるので、無茶なダイエットは卒業しました。今はもっぱら筋トレに夢中の酒飲みイラストレーター。(酒をやめろ!)

がんばるモチベーションになるかも⁉
月曜断食応援! クオカードプレゼント!

取材・文=平川 恵 撮影=原田圭介

facebookでシェアする
Twitterでつぶやく
mixiでチェック
LINEで送る