お家時間が増えて、居住空間をよりいっそう快適にしたい!と考えている方、いま増えていますよね。「快適空間」で過ごすために注目してほしいのが「空気」です。家事に育児に仕事に忙しい毎日を、すがすがしい「空気」の中で暮らせたら…。きっとそれだけで気分爽快! ニューノーマル時代、我が家の「空気の質」を意識してみませんか?

過ごしやすさのポイントは空気

窓を開けなくても快適な空気が家全体に行きわたる

快適な空気が家全体に行きわたる

こまめに換気をしたいと思いつつも「窓を開けたら熱風が室内に! 仕方ないと思いつつも暑さに耐えるのがつらい…」「季節によっては、黄砂や花粉が家の中に入り込んでくるから困っている…」そんなお悩み、ありませんか? でも、換気の面を考えると、締め切った室内で冷暖房をつけっぱなしでいるのも難しいですよね。

ただでさえ、ステイホームでお家時間が増えているいま、目には見えなくても、きれいな空気や最適な室温を保つことが大事、と実感している方も多いのではないでしょうか。

家の中の空気にこだわった家づくりをしているハウスメーカーは、どんな仕組みで「暮らしやすい空間」づくりを実現しているのでしょう。

セキスイハイムの「レジリエンス100 STAY&WORK モデルTS(ティーエス)」は、ニューノーマル時代に合わせた住宅です。注目は最新の換気・全空調システム「快適エアリー T-SAS」。“空調・換気・粉塵浄化”の3つの働きで、快適な室温と空気を家中にめぐらせます。自動で行うので、窓を開けて換気する必要もありません。
目には見えないからこそ、システムで自動的に「空気」で快適空間を作り出してくれるのはありがたいですよね!

「快適エアリー T‐SAS」の仕組み

「快適エアリー T‐SAS」の仕組みとは?

抗ウイルス対応フィルター(※1)でウイルスの活動を抑制し、モーター(機械)で室内の汚れた空気を外に出しながら、外の空気を取り込んでいます。花粉や粉塵、排気ガスなどの有害物質を室内に入れないように、高性能3層フィルターでがっちりブロック(※2)し、一般的な住宅の2倍の速さ(※3)で空気を入れ替えています。さらにヒートポンプ式の冷暖房・除湿ユニットと独自の熱交換換気のシステムを設置しているため、外の空気と室内の空気を交換しながら、快適な室温をキープ。
普通の換気では、空気を入れ替えるだけなので、せっかく冷暖房した熱が逃げてしまいますが、熱交換換気のおかげで熱を85%(※4)も回収することができ、効率よく快適空間を作り出すことができます。

※1 フィルターに付着したウイルスに対する抑制機能について JIS 規格(JIS L 1922:2016(ISO18184))に基づき実証しています。ただし、すべてのウイルスに効果があるわけではありません。また、フィルターを通過する空気に対する抗ウイルス機能については確認していません。疾病の治療や改善、予防を目的とするものでもありません。

※2 花粉や0.3㎛以上の微粒子を99.97%(花粉粒径は10㎛以上を想定、大気塵0.3~0.5㎛の補集率測定結果(東レ㈱調べ))補集、排気ガスなどのNO2を80%以上除去(試験室内での除去率測定結果(東レ㈱調べ))。

※3 約21畳のLDKで約28分。セキスイハイム実験住宅における約21畳の部屋での測定結果。部屋内に粉塵を放出し攪拌させた後、換気・空調等運転し、粉塵濃度の推移を測定。浄化時間は、粉塵濃度が初期値 0.06mg/㎥から 0.03mg/㎥となるまでの時間を示す。粉塵濃度ムラは、浄化後の室内測定点12点の粉塵濃度の差を示す。一般的な住宅とは、セキスイハイム実験住宅において、一般的なエアコンと第三種換気システムを併用した住宅。一般的なエアコンとは、実験に用いた空間に適した定格20畳用で、通常の暖冷房運転を想定したもの(強制的な送風機能、空気浄化機能がないもの)。

※4 温度交換効率です。熱交換効率はプランや運転条件などによって異なります。

家中どこでも快適空間!

空気がこもらないからスペースを有効活用できる

空気がこもらないからスペースを有効活用できる

リモートワークなどをする際に「家の中で仕事をしたくても場所がない!」と不便だと感じてる人もいるのではないでしょうか。自分や夫だけのパーソナルスペースを確保するには、エアコンが完備された独立した空間を確保する必要がある、でもそれはなかなか難しい…。
「快適エアリー T-SAS」なら、換気はもちろん、夏は涼しく、冬は暖かく、家中の空間を快適な温度や湿度でキープしてくれるので、廊下や階段の踊り場、キッチン脇など、普通ならデッドスペースになってしまう場所を有効活用することができるんです。これなら、書斎をわざわざ作ることなく、ちょっとした場所を独立したスペースとして使用できますよね。リモートでの打ち合わせや打ち合わせ、なんてときにも、家族に気兼ねなくささっとパーソナルスペースが作り出せるのもいいかも!

利用者の声

「毎日気持ちのいい空気に包まれる幸せ」

毎日気持ちのいい空気に包まれる幸せ

「快適エアリー」を実際に使ってみてどうなのか知りたい! そこで、セキスイハイムの家を購入した方に、使い心地を聞いてみました。

千葉県在住 小高さん宅
今年千葉県に一軒家を購入。マンションを含め、あらゆる家と比較した結果、セキスイハイムの「快適エアリー」が購入の決め手だったと言います。「『快適エアリー』は空間全体を過ごしやすい温度にしてくれるので、寒がりな私と暑がりな主人とで繰り広げられていたエアコンの設定温度争いがなくなりました(笑)。真夏は、外出後家に入るとものすごく暑く、エアコンをガンガンかけてもしばらく蒸し暑い状態だったりしますよね? そういったことが全然なくなったことに驚いています。外出時に『快適エアリー』の『おでかけキープ』設定にしておくだけで、快適な空調の家が出迎えてくれるうれしさといったら…。湿度もコントロールしてくれるので、常にさらりとした心地いい空気の中にいると、家事がサクサクすすみますし、夫も『テレワークでも仕事がはかどる』と言っています」。

※小高さん宅は従来モデルの「快適エアリー」(2009年発売開始)を使用。
2021年6月新発売の「快適エアリー T-SAS」は、外気を取り込む高性能3層フィルターと室内空気を吸い込む空調フィルターが強化されており、従来モデルに比べ、さらに安心で快適な室内環境を実現します。

時代に合わせた設備

家族みんながすこやかに過ごせる工夫がいっぱい!

「レジリエンス100 STAY&WORK モデルTS」は、ニューノーマル時代に配慮したやさしい配慮がいろいろ。

そのなかのひとつが、「玄関スペース」の導線設計。家に帰ったら手洗いがマストな時代。玄関のすぐそばに洗面コーナーが設置されているので、室内のドアに触れることなく手洗いができるようになっています。外から室内に有害なものを持ち込まないように…と考えられているのですね。

さらに広々とした「テラス」では、ビニールプールで子どもたちを遊ばせたり、家にいながらにしてピクニック気分を味わったり…なんてことも可能。おでかけをしたり、公園にも行くこともままならないいま、家族みんなでお家時間を充実させることができるのがなによりうれしいですよね!

  • 玄関手洗い

    玄関手洗い。ドアを開けてすぐに洗面コーナーがあれば、子どもにも「帰ったらまずは手洗い」の習慣を身につけてもらいやすく、来客時にも便利です

  • そともの収納

    そともの収納。外から帰ってきたらコートやカバンはひとまずこちらへ。部屋の中に花粉などを持ち込みにくい工夫がされています

  • うちそとスペース

    うちそとスペース。ステイホームでもアウトドア気分が味わえる開放的なテラス。家庭菜園やちょっと体を動かすスペースにもなってストレス解消に!

●お問い合わせ
セキスイハイム
https://www.sekisuiheim.com/

文/水野智恵 編集/多田恵 
デザイン/大橋マホ(GOOD FLOW) 
制作/荒木和輝