体をケアしているつもりでも、冬になると寝起きにのどに異変を感じることが多くありませんか?それは「口呼吸」が原因かもしれません。万病の元を断つ鼻呼吸について、しっかり教わりましょう。

今井一彰先生

教えてくれたのは:今井一彰先生

福岡県福岡市「みらいクリニック」院長。山口大学医学部卒業。東洋医学も併せて習得し、薬に頼らない独自の観点で治療を行う。『口の体操「あいうべ」』(マキノ出版)など、著書多数。http://mirai-iryou.com/

まずはあなたの口呼吸度をチェック!

口呼吸度をチェック!
口呼吸度90%

あなたは24時間、いつも口呼吸をしている可能性大。「風邪やインフルエンザにかかりやすい今の季節は、その予防対策として鼻呼吸を練習しましょう!」

口呼吸度50%

おそらく口呼吸をしている時間があるはず。「日中はなるべく自分の呼吸に意識を向け、どんな呼吸をしているか、ふとしたときに口が開いていないかを確認して」

口呼吸度20%

いまのところ、口呼吸の可能性は低そう。「ただし、人は話をしている間、必ず口呼吸になります。〝隠れ口呼吸〟の場合もあるので、安心せず鼻呼吸を習慣に!」

口呼吸をしていると、体にどんなことが起きるの?

口呼吸をしていると、体にどんなことがおきるの?


風邪や感染症のリスク大!

口呼吸をしていると、のどや気道にダイレクトに異物や病原体が飛び込むため、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかるリスクが高まります。「体の入り口でガードできなかった異物や病原体は、体内で免疫細胞と戦うことになりますが、異物の量があまりに多いと、免疫システムがダウンしてしまい、病気の引き金になるのです」



虫歯や歯周病になりやすい

口呼吸を続けると口内が乾燥し、唾液が減少します。口内に唾液がない状態では、虫歯や歯周病の原因菌も繁殖し放題。歯に汚れが付着し、黄ばみやすくなります。



歯並びにも影響あり

口があいたままだと、唇やほおの筋肉など外側からの圧力と、舌による内側からの圧力がかからないため、歯並びに影響が出ます。



老け顔になりやすい

口だけで呼吸をしていると、口輪筋、そしゃく筋、表情筋など、顔全体の筋肉が緩んでいる状態に。口角が下がり、唇もガサガサするので、年齢以上の老け顔に。



口臭の原因に

口内が乾いて唾液による殺菌・消毒作用が働かず、悪玉菌が増殖して口臭の原因に。



column
鼻呼吸にすると…

鼻呼吸にすると…

鼻呼吸の場合、鼻毛は天然のフィルターのようなもの。花粉や細菌をブロックします。また鼻くうの粘膜にある細胞には、ウイルスなどのさらに小さな異物を絡めとる働きがあります。

口呼吸を防ぐための5つのスイッチ

では口呼吸を防ぐためには日ごろどのような行動を心がければよいのでしょうか?5つのポイントをご紹介します。

口呼吸を防ぐための5つのスイッチ


1.「あいうべ体操」をする

あいうべ体操

鼻呼吸を習慣化させるためにおすすめのトレーニング。「あー」と口を縦に大きく、「いー」と口を横に大きく開く。次に「うー」と唇を前に突き出し、最後に「べー」と舌を出して下に伸ばします。「ゆっくりじっくり1日30回繰り返します。朝と晩に15回ずつなど分けてもいいので、毎日続けて!」



2.いつもの食材を大きめに切りかみ応えアップ

「野菜はゴロっと大きめに切ったり、よく洗って皮ごと調理したり。また肉料理は表面に焼き目をつけるなど、かみごたえのある食事を意識して。自分だけでなく、家族の口呼吸を防ぐことにもつながります」



3.あごを引いて首をまっすぐ保つ姿勢を意識する

猫背であごが出た姿勢は、口まわりに力が入りにくく、口があいてしまいがち。「下腹に力を入れ、背筋を伸ばすように、姿勢からアプローチしてみるのも、口を自然と閉じやすくする方法です」

あごを引いて首をまっすぐ保つ姿勢

左のイラストのように猫背でだらんとした姿勢では口元に力を入れにくく、口呼吸になりやすい。右のイラストのように姿勢を保ってあごをひくと口が閉じやすく、鼻呼吸をしやすい。



4.鼻の内部を馬油で定期的に保湿する

乾燥が気になる季節は、鼻の内部を潤すケアもおすすめ。ドラッグストアなどで市販されている馬油を綿棒などで塗布すると鼻の奥が潤い、のどをダイレクトに加湿。就寝前にぜひ!



5.寝るときは好みの香りを枕元に用意する

日中は意識できても、寝ている間は無意識に口呼吸に戻ってしまいがち。「アロマオイルや香水など、自分が好きな香りをつけたハンカチなどを枕元に置き、寝る前に鼻の深呼吸を習慣にして、眠りについて」

口呼吸→鼻呼吸にスイッチするための「マウステープ生活」、いざトライ!

口呼吸→鼻呼吸にスイッチするための「マウステープ生活」

口や舌の筋力が不充分だと、口呼吸に戻っていることも。「特に睡眠中は意識することが難しいため、自力で口を閉じられるまではマウステープで意識づけを。マスクをして1人で出かけるとき、調理中など、日中に人と話さない場面でつけてみるのもおすすめです」

編集部オススメのマウステープ

  • 6枚増量されて
    お得にリニューアル

    鼻呼吸テープ 強粘着タイプ

    レギュラータイプの約2倍の粘着力、波形のワイド形状で剥がれにくい。ナイトミン 鼻呼吸テープ 強粘着タイプ21枚入り オープン価格/小林製薬 0120-5884-06

  • 唇にフィットして
    はがれにくいかたち

    口閉じテープお試しLITE

    バッテンの形状で唇にフィット。通気口があり、蒸れにくい素材でいい心地。口閉じテープお試しLITE 10枚入り¥410/リヨンプランニング  0120-10-2608

  • 100円ショップでも
    手軽に手に入る!

    鼻呼吸促進テープ

    ベージュで目立ちにくい、医療用テ ープを使用。持ち歩きにちょうどいい枚数。鼻呼吸促進テープ 5枚入り¥110/Seriahttps://www.seria-group.com

編集部が厳選!

風邪の季節に備えたい!おすすめグッズ


  • お口のミカタグミ

    お口のミカタグミ

    マスク生活の影響で、口の中の不快感も急増中。1粒でリフレッシュ感があり、噛むとうるおいが。口の中の乾燥ケアにも。レモン味もあり。 12g ¥145/明治 0120-041-082


  • ヴイックス ヴェポラップ

    ヴィックス ヴェポラップ

    鼻づまり、くしゃみ等の風邪に伴う諸症状を緩和する、飲まずに塗るタイプの改善薬。生後6カ月以上の乳児からお年寄りまで使える。[指定医薬部外品] 50g¥1,100/大正製薬 03-3985-1800

  • カロリーメイト ゼリー
    アップル味

    カロリーメイトゼリー アップル味

    身体に必要な5大栄養素を1袋でバランスよく補える。やさしいのどごしで、体調管理の備えにぴったり。 215g オープン価格/大塚製薬 https://www.otsuka.co.jp/cmt/index.php

※掲載商品は2021年11月時点のものであり、現在取り扱いのない場合があります。 ※模倣品にご注意ください


イラスト=鈴木衣津子 編集協力=田中理恵 デザイン=GOOD FLOW 制作=荒木和輝