1日を過ごす中で、いつ、どのようなタイミングで熱中症や夏バテに気を付ければよいでしょうか?
朝起きてから就寝までの時間ごとに、ぜひ気を付けてほしいポイントをご紹介。すぐできることばかりなので、暮らしの中に1つでも多く取り入れて、今年の夏を元気に乗り切って!

石原新菜先生

教えてくれたのは:石原新菜先生

医師、イシハラクリニック副院長。主に漢方や自然療法、食事療法により病気の治療に当たる。クリニックでの診察のほか、テレビ出演や執筆など幅広く活躍。

24時間最新ルール

熱中症対策編



AM7:00
起きたらまずコップ1杯の水分を飲む

起きたらまずコップ1杯の水分を飲む

人は睡眠中にも汗をかいているので、起きたときには体は乾いた状態。なので、目が冷めたら、まずは失われた水分を補給しましょう。コップ1杯分が目安です。



AM7:15
熱の籠もらないヘアスタイル&服で一日をスタート!

熱の籠もらないヘアスタイル&服で

皮膚の表面には空気の層があって、体温調節に深い関わりが。特に、太い血管が通っている首や太ももまわりの風通しが悪いと、熱が籠もりがちになってしまいます。通気性のいい服& 首が出るようなヘアスタイルがおすすめ。



AM8:30
外出時は機能性のある日傘や帽子が◎

ゴーグルでない普通の眼鏡でも花粉を約3分の2に

日傘や帽子で直射日光を避けるのは熱中症対策の基本。さらに、日傘は遮光に加えて遮熱効果のあるものを選ぶと◎。
また、ぬらして気化熱で冷やす帽子もあるので上手に利用して。



AM9:00
通勤時は手に冷たいペットボトルを

冷たいペットボトルを通勤のお供に!

手のひらにはたくさんの血管が走っているため、ここが冷えると大量の血液が冷やされることになり、体温の上昇を抑える効果が。この夏は冷たいペットボトルを通勤のお供に!



PM15:00
少しの立ち話でも日陰へGO!

〝立ち話は日陰で〟が鉄則

ひなたにいると頭上からの直射日光に加えて、地面からの放射熱も浴びてしまいます。そのため、たとえ気温が同じでも日陰のほうが体感温度は低め。〝立ち話は日陰で〟が鉄則です。
また、子どもやベビーカーの赤ちゃんは身体の位置が低い分、地面からの照り返しの影響が大。大人以上に高温の環境にいるうえに、体温調節機能も未発達なので、より気を付けてあげることが大切です。



PM17:00
カフェインやアルコールは熱中症を加速させるのでがぶ飲みNG

多量のカフェインを含む飲み物や酒類は水分補給には不向き

多量のカフェインを含む飲み物や酒類は水分補給には不向き。利尿作用があり、せっかくとった水分を体の外に排出してしまうので、とり過ぎないように。



PM23:00
冷房をしっかりつけてよい睡眠を心がけよう!

多量のカフェインを含む飲み物や酒類は水分補給には不向き

最近の日本は、夜も気温が高いまま。冷房を控えると、薄着で寝ても暑くて夜中に起き、熟睡できなかったり、結局冷房をつけて寝冷えしてしまったりと散々な結果に。冷えないような布団と寝間着+弱めの冷房を一晩じゅうつけるのがおすすめ。

寝不足になる悪循環


屋外では暑さ対策、屋内では冷え対策を!

毎年の猛暑にマスク生活が加わり、熱中症のリスクが上昇。特に女性はふだんから汗をかくことが少ないせいで、体が暑さについていけないことも。一方、猛暑ゆえに室内は冷房が欠かせない状況に。かつて夏バテといえば、暑さからくる食欲不振のことでしたが、最近の夏バテは体が冷えて消化器官がうまく働かなくなった状態のことが多いのです。入浴や運動で汗をかいたり、体を温める食材をとったりして、熱中症や夏バテを予防しましょう。

夏バテ対策編



AM7:30
朝は甘酒やみそ汁でエネルギーチャージ!

アミノ酸、ミネラルがとれてバッチリ

朝食抜きは夏バテ&熱中症につながるのでNG。胃が活発に動いていない時間帯だから、消化に負担がかからず、すぐ栄養になるものがベター。甘酒やみそ汁なら、水分、アミノ酸、ミネラルがとれてバッチリ。



AM9:00
ちょい足しさ湯で冷え防止

体を温めて血流をよくし、胃腸の働きを活発にしてくれます

冷え対策ですっかりおなじみになったさ湯。そこにしょうがのすりおろしやはちみつ、スパイス類を少量プラスして!
体を温めて血流をよくし、胃腸の働きを活発にしてくれます。しょうがはチューブでもOK。



PM12:00
食欲がないときは生野菜サラダより具たっぷりスープを

冷房で体が冷えて消化器官が弱っているようなときは逆効果

夏の生野菜は体を冷やすものが多く、冷房で体が冷えて消化器官が弱っているようなときは逆効果。温かい汁物をとるようにしましょう。具たっぷりにして、それだけでバランスよく栄養がとれるとさらにGOOD!



PM15:00
室内での冷たいものは控えめに

胃腸が冷えて食欲不振や胃もたれの原因になります

冷たい飲み物やアイスやかき氷は、暑い場所だけにしましょう。冷房の効いた室内だと、胃腸が冷えて食欲不振や胃もたれの原因になります。



PM19:00
がっつりスタミナ食よりも薬味たっぷりのあっさりスタミナ食

今のような体が冷えて消化器官が弱っているタイプの夏バテには、あっさり系が◎

夏バテした体に高カロリーのスタミナ食がよかったのは、冷房のない昔の話。今のような体が冷えて消化器官が弱っているタイプの夏バテには、あっさり系が◎。例えば、豚しゃぶ+玉ねぎの組み合わせなら、ビタミンB群とアリシンが一緒にとれて、疲労回復の効果が。



PM21:00
シャワーではなく湯船にゆっくりつかろう!

疲労感が取れて、睡眠の質もアップ

暑いとついおっくうでシャワーで終わらせがちですが、夏も湯船に入って、体の内側からしっかり温まりましょう。疲労感が取れて、睡眠の質もアップ。暑い屋外と寒い室内の間で乱れがちな自律神経も整えられます。

編集部が厳選

熱中症&夏バテ対策アイテム

この季節に役立つアイテムをピックアップしてご紹介します!

  • 汗で失われた水分と
    電解質(イオン)を補給!

    ポカリスエット

    「ポカリスエット」
    お出かけや運動で汗をかいたときの熱中症対策に! 体液に近い電解質(イオン)バランスだから、素早く吸収されて長く潤うのが特長。500㎖ ¥151(編集部調べ)/大塚製薬 0120-550708

  • のせると肌温度が下がる!
    冷却効果の汗拭きシート

    ビオレ 冷タオル

    「ビオレ 冷タオル」
    たっぷりの冷却ウォーターが熱を吸い込み蒸発。汗を拭くだけでなく、冷却グッズとしても活躍。 長さ46㎝と大判で、首に掛けて使うことも。1枚入り×5包 ¥578(編集部調べ)/花王 0120-165-692

  • 紫外線を通しにくい生地を使用し、コンパクトで便利!

    遮熱遮光 晴雨兼用折りたたみ傘

    「遮熱遮光 晴雨兼用折りたたみ傘」
    UVカット率、遮光率ともに99.9%。遮熱効果もあるので、紫外線対策だけでなく熱中症予防としても。晴雨兼用で何かと重宝します。「リボンBK」 50 ㎝ ¥1,290 / ニトリ 0120-014-210

  • 疲れと向き合い続けてきた
    リポビタンブランドの錠剤

    リポビタンDX

    リポビタンDX
    (販売名:リポビタンtb)

    のみやすい錠剤タイプが新発売。リポビタンでおなじみのタウリンやビタミンB群を配合。疲労回復・予防に。<指定医薬部外品> 90錠(30日分) ¥4,268/大正製薬 03(3985)1800

  • こだわりの温泉成分入り。
    旅気分を味わえる入浴剤

    旅の宿 しっとり湯シリーズパック

    「旅の宿
    しっとり湯シリーズパック」

    「道後」「有馬」「湯沢」「湯布院」の4種入り。温泉ミネラルや生薬、保湿成分を配合。疲労回復や肌荒れに◎。<医薬部外品> 13包 ¥731(編集部調べ)/クラシエホームプロダクツ 0120-540-712

  • しょうがパワーを手軽に
    取り入れたいときに

    おろし生しょうが 〈大容量〉

    「おろし生しょうが
    〈大容量〉」

    ちょい足ししたいときにも手軽で便利な、繊維感のある生タイプ。爽やかな香りと辛みが味わえます。片手でも出しやすい逆立ちボトル。160g ¥351(編集部調べ)/ハウス食品 0120-50-1231

イラスト/春原弥生 編集協力/松崎祐子 制作/荒木和輝