ちょこっと窓あけ。でも、防犯が気になる…を【ダイソー】「窓ロック」で解消!

#やってみた 

風が気持ちいい季節になりました。室内の換気の重要性もうたわれている今、お天気がいい日は窓をあけている家庭も多いのでは?


でも、家じゅうの窓を1日じゅうあけっぱなしにしていると、気になるのが防犯。

部屋に誰かがいればいいけれど、誰もいない部屋の窓を風を通すためにちょこっととはいえ、ずっとあけておくのも少し不安ですよね。

まして、近くのコンビニまでとかちょっと出かけるとなったら、それらを全部クローズ&帰宅後またもやちょこっとオープン、なんて面倒くさくてやってられません(私だけ?)。


そんなときにおすすめのグッズを【ダイソー】で見つけました。


1441710

サッシ用補助錠「窓ロック」、各100円(税抜き)。

窓のサッシの下枠と上枠に、それぞれ取りつける補助錠です。窓の鍵だけでは心配なとき、これらをサッシにつけておけば、外からあけられない状態をさらに補強してくれるという防犯効果アップグッズ。


材質はどちらもスチール、亜鉛ダイカスト、ゴム。下枠用は28~42mmのサッシ溝に、上枠用はレールタイプのサッシ溝11~23mmに取りつけ可能。


使い方は簡単で、サッシに「窓ロック」のゴム部分が密着するように溝に入れます。そして、ツマミを回してしっかり固定させるだけ。


1441713
1441717

ツマミを回すと、ゴム部分の幅が変わるので、サッシの溝にぴったり固定されるまで調整しましょう。


1441719

残念ながらわが家の窓の上枠は溝タイプだったので、取りつけ不可能でしたが(購入する際は、必ず確認を~!)、下枠だけもと思い、設置してみました。


1441720

2階で家事や仕事をするときも、1階のリビングには風を通しておきたいというときに、大助かりです。


もちろん、あくまでも「補助錠」なので、絶対的な防犯効果を保証するものではありません。

また、わが家の例でも分かるように、サッシや枠によっては取りつけできない場合もあるので、その点はご了承を。


でも、これから少しずつ蒸し暑くなってくることを考えると、寝室の窓をちょっとだけあけて風を入れたいとか、ニオイがこもらないようにキッチンの窓は絶えず少しだけあけておきたいという場合に、この「窓ロック」があれば“あけておいて大丈夫?”の不安を軽減してくれます。


環境対策の一環として、省エネ、特に夏場のエアコンの使用軽減が求められて以来、窓用補助錠はひそかに需要を伸ばしているグッズ。1000円近くする商品も多数出回っています。

実は私も以前に、老親が暮らす実家用に1個1500円ほど出していくつか購入したことが(笑)。


それが100円(税抜き)で登場するなんて、100円ショップの進化っぷりには本当に驚くばかり!!

絶対的な安心安全を求める方には「窓ロック」よりも警備会社をおすすめしますが、100円で不安が軽減するなら…と思う方には、この「窓ロック」おすすめですよ。


文=カッパスキー




この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧