レア焼酎「飲み放題バー」が新宿にオープン
全国各地にある、家族経営や小さい蔵元の、まだ表に出てきていない焼酎に出会える

飲み屋の激戦区・新宿に新しい焼酎バーが7月8日(金)にオープンする。全国各地から、家族経営や小さい蔵元の焼酎を取り揃えているため、地元以外ではなかなか飲めないレアな焼酎に出会うこともできる。

注目はそのシステム。1人3000円(税別)で、時間無制限・飲み比べし放題! 料理の持ち込みも自由なので、焼酎ファンにはたまらない1軒になりそうだ。

店に入ったら、受付でグラスを受け取り、好きな焼酎をセルフで注いで楽しむだけ。店内の焼酎・泡盛は、よく知られている銘柄から、地元でしか飲めないレアなものまで約100種類。焼酎の材料は、定番の芋・麦・米から、珍しいトマト、紫蘇、くり、ニンジン、ピーマン、牛乳、かぼちゃ、じゃがいも、黒糖、蕎麦、胡麻など「こんな焼酎があったの?」と思う豊富さ。割る用のベースとして、牛乳、野菜ジュース、カルピスなどもあり、さらに梅干し、かぼす、ミント等のトッピングも店側が用意。自身でさまざまなカクテルを作ることができる。地域色を打ち出すことで「焼酎の1本1本の物語を知りながら楽しんでもらいつつ、作り手の物語も伝えたい」というアツい想いもあるようだ。

焼酎に合うおつまみをたんまり携えて入店してもよし、ごはんを食べたあとの2~3軒目に行くもよし。レアな焼酎がおトクに飲める、お酒好きに嬉しい1軒になりそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】