暮らしに合わせてカスタマイズできる「IKEA」社員愛用の家具はコレ!
書棚として売られていることが多い丈夫なシェルフのユニットをキッチンに。「パーツが豊富なので、隠したいところは扉をつけ、メリハリのある収納になって満足しています」

撮影/小林愛香

使いやすくセンスのよい収納グッズが豊富な「IKEA」の社員が自宅で実際に愛用している、本当に使える商品を教えてもらいました。

夫婦でイケアに勤めている渡辺さんの自宅は、イケアの家具や収納グッズが随所に置かれ、北欧スタイルのおしゃれな雰囲気です。「イケアの収納は、同じものをリビングで使ったりキッチンで使ったり、部屋の間取りやライフスタイルに合った組み合わせで使えるのが魅力です。棚の中を仕切る箱やカゴも、別の棚に入れてもぴったりなので、そのときの用途に合わせられるんです」と、イケア港北店勤務の渡辺さん。

キッチンには、冷蔵庫のスペースを残し、シンクの対面の壁一面に、木目が美しいシェルフを組み合わせて設置しています。このシェルフユニットは、本来はリビングの書棚として売られているものだそうですが、食器から食材、キッチン家電までが納まっています。「このシェルフは、以前の家でも使っていたもの。この家に引っ越して来たときにユニットを買い足し、収納力をアップさせました。見た目がゴチャつく所には、扉をつけるなど、自由自在にカスタマイズできるのもいいんです」