ミセス美香さん直伝 毎日の家事に1日15分の「プチ大掃除」を組み込めば年末ラクラク!
「汚れをため込むと後で大変なことに。こまめに掃除することが、ラクに美しさを保つ 一番の近道です」とミセス美香さん。

撮影/飯貝拓司

『レタスクラブ』11/25号(11/9発売)から短期連載「ミセス美香さんの年末レッスン」がスタートしました。全4回にわたる年末レッスンの第1回目は、「プチ大掃除」。

 みなさんは年末に大掃除をする派ですか? しない派ですか? 人気の自宅レッスンでは“家事時間の効率化”にも焦点を当てているというミセス美香さんは、大掃除をほとんどしないそう。そのかわり、年末に行なうような大掃除を小分けにした“プチ大掃除”を毎日の家事に組み込んでいるのです。

「プチ大掃除の時間は1日15分程度で十分ですが、その際、あっちもこっちも気になる……と中途半端にいろいろな箇所に手を出すのは禁物。今日はここ、と決めたら集中して1カ所の掃除を完了させてください。私の場合、まず自宅の掃除箇所を頭の中でリストアップし、リビングの窓から始めて、次は子ども部屋の窓、その次は寝室の窓……と家の端から一周するように各部屋の各掃除箇所を順々に潰していきます」

ミセス美香さんがプチ大掃除として組み込んでいるのは、各部屋の窓拭きのほか、トイレやキッチンの換気扇掃除、げた箱の掃除など。「わが家のプチ大掃除リスト」を作るのもおすすめです。

プチ大掃除は、約1ヶ月で家のすべてに手が行き届くように計画。これを1ヶ月サイクルで繰り返します。「年に1度の大掃除だと、汚れは付着→吸着→粘着→染着レベルへ進み、日常のハウスキーピングではお手上げ状態に。専門家に任せるハウスクリーニングの域に入ってしまいます。ですが、1ヶ月サイクルのプチ大掃除を続ければ、汚れは吸着レベル止まり。簡単にきれいになります」

決してムリせず、プチ大掃除の1つの項目を15分程度で終わるように細かく分けるのが長続きのポイント。「プチ大掃除を習慣にすれば、慌しい年末がうんとラクになりますよ」【レタスクラブ】