健康なデブと不健康なデブ……違いはなに?
大好きなパスタも、麺少なめにするなど、気を使ってみよう!

デブに朗報! 太っていると、体への負担が大きく成人病などを患っていそう…という、悪いイメージしかありませんが、それは間違い! 実は同じデブでも健康デブと不健康デブに分かれるのです。その違いは何かというと、肝臓に脂肪がついているかどうかが判断基準。健康診断の結果で見れるALT(GPT)の数値をチェックしてみましょう!そのALT(GPT)の数値が20IU/ℓ以下であれば、健康デブ! それ以上であれば、肝臓に脂肪がついている可能性が高く、不健康デブとなります。

健康デブの人はいまの生活習慣で問題がなく、見た目が気にならない…ということでなければ、そのままでOK! 不健康デブの人は少し、食生活を見直すことが必要です。内臓脂肪が多くなっている原因は、主に糖質の摂り過ぎ。つまり、食べ過ぎの人が多いそう。普段の食生活から、少しご飯やパン、麺類などの量を控えてみたり、果物は中性脂肪になりやすいのでお菓子の替りにヘルシーだからと食べている人は、食べ過ぎに注意しましょう。ちょっと気づかうだけで、ALT(GPT)の数値は下がってくるので、不健康なデブの人はチャレンジしてみてはいかが?