年末までにいらない物を捨てて、家中スッキリ!
大切にしているものは、無理に捨てる必要なし。普段は使わない高い場所に収納する。

年末までに家をすっきりきれいにしたい!と思っているあなた。それなら大掃除の前に、まずはものの整理と片付けです。物を捨てるときのふんぎりのつけ方や、物を残す基準を知ることが、どうしても捨てられない物とさよならできるポイント!

■物を捨てられない人は、まずキッチンから取り掛かって。

「片付けを始めるなら、ぜひキッチンから。というのも、食品には賞味期限があるから、捨てる基準が明快。また、キッチンは狭い分、短時間で片付けの成果が出やすく、脳内の片づけエンジンがかかりやすいのです。特に増えがちな鍋などは、家族の人数や作る料理をイメージし、こんなに必要なのか改めて考えて」(中山さん)。

「片付けが苦手な人ほど、“各スペースにものが収納できるか”より“一度出したものが戻しやすいか”を基準にものを減らして。調理台に出したままのものを一度収納してみて、入りきらないなら、処分の検討どきです」(金子さん)。

■キッチンでごちゃつきやすい物の捨て方&残し方

(1)キッチンツール 使いやすいように、バーに吊るすのも手。持っているのは、いろいろな使い方ができて、頻繁使うものだけに。色もシルバーで統一する、100均で買わないなど、むやみに増えないようルールを決めるとスッキリ。

(2)食器 使用頻度の高いものを腰から目線までのゴールデンゾーンに、ゆとりを持たせて収納を。1年以上使っていないものは処分します。ただ、子どもたちが小さいころに使っていたカップなど、思い出がある物は最上段に残すなど逃げ道を作って。

(3)ストック食材 多めに用意してOKなのが、水と缶詰、レトルトパック。普段の料理にも積極的に使い、減ったら買い足して回転させると防災用と兼用にもなります。

(4)食器 ペアでそろえたグラスの片方が壊れてしまったら、もう一方だけ使う機会はほとんどないので、両方処分します。また、食器が欠けたときも潔く処分し、ひとつ捨てたらひとつ飼うというルールにすると無駄に増えたりします。

気に入った物が少しあれば、心は満足するもの。「物が捨てられない!」と悩まないように、物を買う前にもよく吟味して、スッキリしたお部屋をキープしましょう。【レタスクラブ編集部】