関節をゆるめれば、イナバウアーができちゃうかも?!
うつぶせになり、上半身を腕で持ち上げます。腰骨が床から離れないように、胸の下から腰骨あたりまでをグーっとのばします。

撮影/野口 彈  モデル/瀬畑茉有子

肩甲骨の上のほうがかゆくても手が届かない、ちょっと体を動かすとつってしまう…など、心あたりのある人は、体の柔軟性が弱くなっているかも! 例えば、歩いたり走ったりするときに足を使いますよね?でも多くの人は足先(ひざから下だけなど)だけを使って動かしていて、本来使う股関節を動かすことができていないそう。股関節を使わなくても足を動かすことはできますが、使われない股関節はどんどんかたくなってしまい、動きが悪くなっていきます。それにより、柔軟性がなくなり、日常生活でも以前はできた動作ができなくなったり、動かしにくくなります。

そこで、ちょっとした時間にできる簡単ストレッチをご紹介します! 毎日続ければ、金メダリストのプロスケーター・荒川美香さんのような上体をグイッと反らす美しいイナバウアーができちゃうかも♪ ストレッチをするには注意点がひとつ。お風呂上がりや、ラジオ体操のように少し体を動かして体を温めてから行なうのがポイント。筋肉が温まり緩んでいるときに、ストレッチで伸ばし、関節の可動域を広げていくのが目的です。カチコチにかたまった体を柔くして、若々しい体を作りましょう!【レタスクラブ編集部】