これは日本!?本物のきかんしゃトーマスが走る!
「きかんしゃトーマス」が日本を走る!(c)2014 Gullane (Thomas) Limited.

鉄子ではありませんが、東海道新幹線なら必ずN700Aを選び、北陸新幹線E2系に早く乗りたい編集部Nです。そんな超ライト鉄道好きの私でも大注目の企画が、この夏行われます。イギリスで生まれたキャラクター「きかんしゃトーマス」が、なんと本物の蒸気機関車となって静岡県を走るんです! 

登場場所は、以前から「生ビール列車」「SLブライダルトレイン」など、ユニークな企画で人気の大井川鐵道。この「本物のトーマスが走る」企画は、母国イギリスでは「Day out with Thomas」の名称で以前より実施されているそうですが、アジアでは今回が初めて! 「トーマス大好き!」な子どもから、鉄道ファン、SLファンからも大注目。

ほかにも走行期間中は「しゅっぱつしんこう!蒸気機関車のトーマス!」と題して、さまざまなグッズ販売や展示もたくさん。千頭駅構内では、「きかんしゃトーマス」のキャラクターの1人(?)で、日本の機関車「ヒロ」の展示のほか転車台見学、トーマスミニSL乗車、トーマスふわふわ、トーマス関連グッズの販売なども実施予定。さらに千頭駅に隣接する体験型ミュージアム「音戯の郷(おとぎのさと)」ではトーマスの木製ジオラマの展示やトーマスのゲーム、ミニSLの乗車といったアトラクションも楽しめるそう。

期間は7月12日~10月12日の、のべ50日間。1両80席の7両という編成で、新金谷駅~千駅を1日1往復します。ただし残念ながら、一般向け座席は既に予約でいっぱいとのこと。でも、キャンセルがあれば乗車できる可能性も。もし乗れなかったとしても、大井町の自然をバックに走るトーマスの写真(かなりのインパクト!)を撮り、さまざまな展示やミニSL乗車だけでも十分楽しめそう! この夏は、リアル「きかんしゃトーマス」に会いに出かけてみませんか?【レタスクラブ】