話題の「アーモンドミルク」を飲んでみた
アーモンドミルク

最近、スーパーやコンビニなどで見かけるよになった「アーモンドミルク」。健康志向の女性の間でブームの兆しを見せていますが、どんなもの? アメリカでの人気にいち早く目をつけ日本に取り入れた、マルサンアイの藤井昭雄さんによると「アーモンドミルクは、アーモンドの種子をすりつぶし、液状にして飲みやすくしたもの。食物繊維やミネラル、そしてアンチエイジング効果が期待できるビタミンEがたっぷり含まれています」とのこと。口当たりは豆乳のようになめらかで飲みやすく、栄養価も高いのに、なんとカロリーも控えめという、いいことずくめのアーモンドミルク。

では実際にどんな効果があるのか…取材担当の編集部員が1週間試してみた。(毎日朝晩にコップ1杯を飲む。※多少多めに飲む日もあり)

●1日目…クセが少なく牛乳よりもサッパリしているので、意外にお茶のように気軽に飲めてしまう。朝はトーストと共に。

●3、4日目…時々温めたり、紅茶に加えてミルクティーにしたり、アレンジも加えて楽しむ。すると3日目、久しぶりに朝のお通じが!(通常は2~3日に1回程度。朝は出ない)

●7日目以降…お通じは毎日。心なしか、朝、すっきり目覚められるように。今後も飲み続けて、体の変化を楽しみたい。

また、このアーモンドミルク、『ミルク』といっても乳製品ではないので、牛乳が苦手な人でも飲むことができ、牛乳の代替品としても注目が集まっており、アメリカでは豆乳をしのぐ人気だそう。「健康や美容を意識する女性たちから支持されて、ここ数年大ブームです。大容量のガロンサイズで売られているスーパーもあり、料理に活用する人も多いですね。個人的にはアーモンドの香りを楽しめるスムージーがお勧めですよ」(藤井さん)。

スーパーやコンビニで見かけたら、みなさんも試してみては。【レタスクラブ編集部】