春物ニットの上手な洗い方と干し方
カーディガンなどは形崩れしないようにボタンやファスナーを留めます。衿元や袖口などの汚れやすい部分が外側にくるように畳んで洗濯ネットに。

撮影/原田圭介

薄手の春物ニットが活躍する季節。ニット類は何度か着てから洗えばいいと思っていませんか? 一見キレイに見えても、汗や皮脂など汚れはたまっています。基本的にニット類は着たその都度洗い、汚れを蓄積しないことが大切です。洗う前にまずは洗濯絵表示を確認。水洗い可能ならおしゃれ着用中性洗剤を使って1枚なら手洗いし、複数枚なら1枚ずつ洗濯ネットに入れて洗濯機の専用コースで洗いましょう。

次に気をつけたいのは、干し方。繊維が水分を含むと重たくなり、衿ぐりや袖が伸びて形崩れの危険が。ハンガーのバーに掛けて干したり、ピンチハンガーの上などを利用して平干しをしましょう。また、色褪せを防ぐために風通しのいい所で陰干しを。適切なお手入れで、ニットのおしゃれを楽しみましょう。【レタスクラブ編集部】