自宅でおいしいアイスコーヒーを入れるコツ
ペーパーフィルターに湯を通すと、紙のにおいが取れて器具も温まります。

撮影/原田圭介

アイスコーヒーが恋しくなる季節です。でも、家でいれると薄かったり、香りがしなかったりしませんか。コーヒーは、いれた瞬間から劣化が始まり、雑味やえぐみが出て、香りも消えていきます。なので、ホットコーヒーをそのまま冷蔵庫で冷やしてアイスコーヒーとして飲んでも、味や香りがイマイチに。おいしいく飲むためのポイントはその都度いれること。作り置きせず、ドリップして氷で一気に冷やす急冷式が香りもよくおすすめです。次にコーヒーの濃さも大切。焙煎の浅いホット用の粉を使う場合は、通常の倍の濃さ(2人分・粉40gで熱湯300ml)を目安にいれましょう。アイスコーヒー用の粉の場合はパッケージに記載された量でOKです。粉の種類などでも濃さが変わるので、好みの味を見つけて楽しみましょう。【レタスクラブ編集部】