手軽に栄養チャージ!おうちでパワードリンク
紫外線予防に!右:「トマトとパプリカのレッドジュース」 左:「ゴーヤーのアップルジュース」

調理/野口真紀 撮影/邑口京一郎

東京では梅雨明けしたとたん、猛暑日が続いています。こう暑いと食欲が失せ、料理をする気力もなく、ひたすらそうめん&ビールばかり・・・ではいけませんよ(自省を込めて)。そんな暑い日の栄養チャージにおすすめなのがパワードリンク。旬のフルーツや野菜を組み合わせてミキサーにかけるだけでとってもかんたんにできちゃいます。管理栄養士の松尾みゆきさんによれば「野菜は1日350g以上、果物は200g程度とるのが理想ですが、三食の食事でとるのは結構難しいもの。でも、ミキサーにかけて作るパワードリンクなら手軽に量が取れます」とのこと。特に夏の食材は水分が多く、ドリンクにするのが向いているそう。「生の野菜や果物には酵素があり、消火吸収を助ける作用も。また、ミキサーで作ると皮ごとかくはんできるので、皮に多いポリフェノールなどの栄養もとることができます」(松尾さん)。疲労回復、むくみ改善、紫外線対策など、夏のお悩み別にパワードリンクを作ってみてくださいね。

【レタスクラブ編集部】