なかなかお金が貯められない人は、無意識のうちにムダな出費が重なっていつの間にか家計がメタボ状態になっているかも!? 年の初めは家計を見直すチャンスです!

2016 年、 家計をスリムにするにはここに注目! 画像(1/2) 増え続ける携帯電話代をはじめ、メタボ気味な費目があるかも!?見直してみましょう。
増え続ける携帯電話代をはじめ、メタボ気味な費目があるかも!?見直してみましょう。

イラスト=えのきのこ

2016年の家計トピックスとしては、まず下の3つに注目。

【1】新たに登場する「106万円の壁」

10月より、年収106万円以上で週20時間以上働くパート主婦は、夫の扶養から外れ、年金や健康保険料を自分で払うケースが。

【2】内訳が確認しにくい携帯電話代

最近は携帯電話の請求書がペーパーレスのことが多く、内訳を確認せずに払い続けがち。自分に合ったプランか、見直しをしましょう。

【3】電気料金が引き続き値上がり傾向に

全国的に電気料金は値上がり傾向。公共料金は毎月いくらかかっているのか、表にして家族に見せ、全員で節約意識を高めて。

2016 年、 家計をスリムにするにはここに注目! 画像(3/2) ことしこそ家計をスッキリさせて、目指せ年間貯蓄100万円!
ことしこそ家計をスッキリさせて、目指せ年間貯蓄100万円!

イラスト=えのきのこ

上記を踏まえたうえで、家計スリムを目指しましょう。いつの間にかふくらんだ支出は、体についた余分な脂肪と同じです。気をつけないとどんどんムダばかり増えてメタボ状態になり、将来破綻しかねない不健康な家計に。

ファイナンシャル・プランナーの深田晶恵さんはこう話します。「家計を健全な状態にして貯蓄額をアップするためには、現状をきちんと把握することが大切。1カ月の収支を明確にし、ムダを洗い出して削れば、確実に家計はスリムになり、貯蓄しやすくなります。実は、ダイエットより、家計のスリム化はずっとシンプルで確実。やればやっただけの成果が出ますよ」。

同時に、具体的な貯蓄計画を立てましょう。目標は年間100万円!「月にいくら、ボーナスでいくらずつ貯めればよいのか、数字を明確にするとよけいな支出を削りやすくなります。残ったお金を貯めようとしても難しいので、貯蓄は先取りに。貯めるための “仕組み”を作ってしまうと、自然とよけいな出費を抑えられ、貯めやすくなります」。

家計を見直して、1年で100万円貯蓄を目指しましょう!【レタスクラブ】