サンドイッチの進化版!?スタッフドバゲットが今ブーム
「トマトミートソーススタッフドバゲット」。時間がたつとパンがしっとりして、それもまた魅力

調理=しらいしやすこ、撮影=鈴木泰介

今、話題の「スタッフドバゲット」。“スタッフド”とは英語で“詰めた”という意味で、バゲットをくり抜いて具材を詰めたものだ。

具材を詰めてから、ラップで包んで冷蔵室で約30分なじませて、具が落ち着いたら好みの厚さに切り分けて食べる。持ち寄りにするなら、切らずにラッピングするのもおすすめ。

中の具材は、サラダのように食材から水分が出てきてしまうものは合わない。ミートソースなど、味が濃いものはバゲットにも味がしみ込んでおいしさがグッとアップする。

くり抜いたふわふわのパンは、卵液、卵、砂糖を混ぜたものに浸して、フレンチトーストにするのもおすすめ。パンの柔らかい部分だけなので、少し浸すだけで味がしみ込む。ハチミツをかければ、ハニーフレンチトーストの完成。これで中のパンまでムダなく楽しめる!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】