この春は、注目の「アレ」でおしゃれ見えを狙う!
「おしゃれ見え」や「着心地の楽さ」が重視され、注目度の高い「ワイドパンツ」。トップスをタイトにするのが購入経験者のオススメ

いよいよ春本番。重いコートを脱いで、ファッションも春仕様にチェンジしたいもの。情報サイト「BWRITE(ブライト)」では「春夏ファッションについての意識調査2016」(アンケート収集元「Skets」)を実施。気になる春夏のファッションキーワードが見えてきた。

調査では8割の人が春夏用にニューアイテムを購入する予定と回答。新たに投入したいアイテムは下記のとおり。秋冬も人気だったロングカーデやゆるニットなど、素材を春夏用に変えて引き続き活用する人が多いようだ。

そして、ボトムスのトップを飾るのが「ワイドパンツ」。昨年大流行した七分丈パンツ「ガウチョパンツ」を押さえ堂々のランクインだ。購入前のイメージでは「おしゃれに見えそう」という意見とともに「コーディネートが難しそう」や「太って見えそう」などの心配コメントも目立ったが、実際に着てみた人の感想では「着心地がいい」「トレンド感のある着こなしができる」「スタイルがよく見える」など、イメージよりも着こなしが簡単なアイテムであることがうかがわれた。

着こなしのコツはトップスとの組み合わせ方。購入者がオススメするのは、「トップスをタイトにする」「丈が短めのトップスにする」「ヒールが高い靴を合わせる」の3ポイント。トップスや足元をすっきり見せることで、ボトムスのボリューム感とのバランスをとるとキレイに着こなせるようだ。また、あえてトップスにロングカーデやゆるニットを持ってきて、上下ゆったりした「ゆるゆるコーデ」を楽しむ人も。コーディネイトのバリーションが豊富になるのも、投入アイテム候補としては大きな要素だろう。

ワンアイテムでこなれファッションを実現できる「ワイドパンツ」。今年の春夏にチャレンジしてみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】