知ってる?ブーツのしまい方、これが正解!
中にたまったゴミやホコリを、掃除機のノズルで吸い出す

撮影=原田圭介

冬の間活躍してくれたブーツ。来シーズンもいい状態で履けるように、収納前のお手入れはちゃんとしておきたいもの。そのためには、外側の汚れ落としはもちろん、内側のお手入れも大切。ここでおさらいしてみよう。

まずは、中にたまっているゴミやホコリを掃除機すき間用ノズルなどで取り除こう。内側はタイツや靴下にくっついて入り込んだゴミやホコリがたまりがち。ホコリは水分を吸いやすく、残っていると雑菌が繁殖してしまうのできちんと取っておく。特につま先部分は丁寧に。またブーツには足の汗が思った以上に籠もっているので、そのまま収納してしまうとカビの原因になったり、イヤなニオイがつくことに。内側は手洗い濃度のおしゃれ着用中性洗剤液にタオルを浸してかたく絞り、トントンとたたき拭き。次にきれいな水でかたく絞ったタオルで清め拭きを。その後、カビ防止剤を塗布するとベスト。2〜3日陰干しし、湿気を飛ばして。

外側は素材に合わせて専用クリーナーなどで汚れを落とし、ブーツキーパー、または購入時についてきた紙や筒、丸めた新聞紙などを詰めて形を整える。紙類は湿気を含んでいる可能性があるので、乾かしてから使用を。さらに乾燥剤を中に入れ、ブーツを不織布の袋に入れる。

保管場所は風通しのいい所がベスト。ハンガーラックや、かもいなど空気が動く所につるしておくのがおすすめだ。クローゼットや靴箱に収納する場合は下方ではなく、上方へ。ベッドの下など湿気がたまりやすい所はNGだ。

お気に入りのブーツはきちんとお手入れをして、来シーズンも活躍してもらおう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】