気分はハワイ!休日に作りたい「簡単ロコモコ丼」
ロコモコ丼の魅力はハンバーグも卵も野菜も豪快に混ぜてしまうところ

調理=井澤由美子 撮影=白根正治

自宅でつくる休日のごはんは、ワンプレートやどんぶりでもりもり食べよう! ロコモコはハワイの料理で、ハンバーグ、ゆるめの目玉焼き、生野菜、ご飯をグレービーソースで混ぜて食べるもの。今回は家庭で作りやすいケチャップと中濃ソースで仕上げるレシピをご紹介。あつあつのご飯で、豪快に混ぜながらどうぞ。

【主菜】ロコモコ丼(1人分808kcal、塩分3.3g)

<材料・2人分>ハンバーグだね(合いびき肉200g、卵1個、おろしにんにく少々、パセリのみじん切り少々、玉ねぎ1/3個、にんじん2~3cm、パン粉大さじ4、サラダ油、塩、こしょう各少々)卵2個、ご飯茶碗2杯分。ソース(トマトケチャップ大さじ2、中濃ソース大さじ3)つけ合わせ(ミニトマト4個、パセリのみじん切り少々、玉ねぎの薄切り1/4個分、レタス2枚、サラダ油、塩、こしょう

<作り方>(1)ボウルにハンバーグだねのひき肉、卵、にんにく、パセリ、パン粉、油、塩、こしょうを入れ、玉ねぎと、にんじんを皮つきのまますりおろして入れる。白っぽくなるまでよく練り、2等分して両手のひらに軽く打ちつけるようにして空気を抜き、小判形にまとめる。(2)フライパンに油小さじ2を熱し、1を入れる。出てきた脂をペーパータオルで時々ふき、両面に焼き色がついたら、ハンバーグの1/3の高さまで水を加え、ソースの材料を入れて、混ぜる。ふたをして弱めの中火にし、スプーンなどで時々ハンバーグに煮汁をかけながら6~7分蒸し煮にする。(3)(2)の煮汁が1/3量になったら、あいたところに卵を割り入れ、ふたをして弱火で2~3分煮る。(4)つけ合わせのミニトマトを縦半分に切り、塩、こしょう各少々、パセリと混ぜる。玉ねぎは水にさらして、水をきる。(5)器にご飯を盛り、レタスをちぎって敷き、ハンバーグをのせる。卵をのせ、残った煮汁をかけて(4)を添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】