時短ひと皿レシピ「じゃこと高菜のスパゲッティ」
にんにくと赤とうがらしの風味が食欲をそそる一皿

調理=飯塚宏子 撮影=長嶺輝明

「あ~もういろいろご飯作るのめんどくさい!」という時は、炒めた具材と茹でたスパゲッティをあえるだけの、時短ひと皿レシピを作ってみては? じゃこと高菜のうまみが絶妙な和風ペペロンチーノ風スパゲッティだ。にんにくを炒める際、焦がさないようにオリーブ油の中で弱火で香りを出していくのがポイントだ。

【主菜】じゃこと高菜のスパゲッティ(1人分518kcal、塩分2.6g)

<材料・2人分>にんにく…1片、赤とうがらし…1本、オリーブ油…大さじ3、ちりめんじゃこ…大さじ2、高菜漬けの粗みじん切り…大さじ3、しょうゆ…大さじ1/2、塩、こしょう…各適宜、スパゲッティ…160g、EXバージンオリーブ油…大さじ1/2

<作り方>1.にんにくは薄切りにし、赤とうがらしは種を除いて小口切りにする。2.フライパンにオリーブ油、にんにくを入れて弱火で炒め、香りが出たら赤とうがらしを加え、続いてじゃこを加えて炒める。少しカリッとしたら、高菜を加えて炒め合わせる。しょうゆで調味し、塩、こしょうで味をととのえる。3.鍋にたっぷりの湯を沸かして塩適宜を加え、スパゲッティをゆで、ゆでたてを2に加えてあえる。器に盛り、EXバージンオリーブ油をかける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】