「ことりっぷ」のご当地パンが食べたい!
ことりっぷとコラボしたパンが出来た!

ご当地モノの食べ物は数多くあるが、旅行雑誌とコラボしたご当地パンと聞くと、なんだか興味がわく。

週末の小さな旅を提案する人気ガイドブックシリーズ「ことりっぷ」が、旅行に行った気分を味わえるパン」をコンセプトとしたご当地パンを、第一屋製パンとコラボして開発。初夏のさわやかさを感じさせる素材を厳選し、ことりっぷ編集部とともに何度も試食を繰り返し誕生した。パッケージもことりっぷらしさにこだわっている。

◆「ことりっぷ 大分かぼす蒸し」大分県産のかぼす果汁が入ったさわやかな風味の蒸しパン。かぼすの皮をイメージしたジュレと黄色のもちもち蒸しパンの2層構造。冷蔵庫で冷やすのもおすすめ。関東・中部・関西・中国・四国で販売。希望小売価格120円(税抜き)。

◆「ことりっぷ 静岡お茶あんぱん」静岡県産の煎茶のパウダーと緑茶の葉を練りこんだ緑茶あん入りのあんぱん。程よい緑茶のしぶみが特徴。関東・中部(一部地域を除く)で販売。希望小売価格120円(税抜き)。

◆「ことりっぷ 香川塩ぱん」ソフトフランス生地に国産食塩の産地・香川県の白塩入りマーガリンを包み込んだシンプルなパン。軽くトーストするのがおすすめ。ワインやビールとも好相性。関東・中部・関西・中国・四国で販売。希望小売価格120円(税抜き)。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】