賢すぎる!パナソニック「ビストロ」を使ってみた
最新の「ビストロ」を、買う前に試すことができる

「最近のオーブンレンジはとにかくすごい」という話はよく聞くが、「でも使いこなすのは難しそう」と思っている人、多いのでは? 特に、レンジ機能はわかるけれど、オーブン機能やグリル機能って何ができるの…? そんな疑問を解消すべく、レタスクラブ編集部Nが代表して、最近発売されたばかりのパナソニックの最新スチームオーブンレンジ「ビストロ」を使ってお料理を作る体験教室に潜入してみた。

この「ビストロ体験教室」とは、パナソニックが主催する。東京・大阪会場のほか、人気の料理教室「ホームメイドクッキング」やフードソムリエ個人料理教室とタイアップし、全国47都道府県、70箇所で実施している体験教室。今回は東京会場に参加し、「10分でできるビストロ100レシピ」の新メニューのほか、オーブン機能など、気になる機能にフォーカスしたメニューを作る「100レシピとオーブン料理」レッスンに参加してみた。

当日のメニューは「アボカドグラタン」「野菜バター煮」「シュークリーム」の3品。まずは先生のデモンストレーション。オーブン昨日で「シュークリーム」のシュー生地を作る様子を拝見。シュー生地と言えば、なかなか膨らまないという失敗が多い悪名高い?もの。でも、生地をビストロに入れ、本体に搭載された「料理集」から「シュークリーム」を選ぶだけで、きれいにふんわり! 先生いわく、5~6回作っているけれど一度も失敗していない、とか。さらにカスタードクリームもレンジ機能と、ビストロの「料理集」から選んで簡単に完成。シュークリームなんて一生作ることはないかも、と思っていたけれど、こんなに簡単にできるのならぜひ家で作ってみたい。

次は「野菜のバター煮」。材料を耐熱ボウルに入れ、バターを散らしてラップをし、「料理集」の番号を押してスタートするだけ。「煮物」というと、「とろ火でコトコト」というイメージだが、これならコンロで同時に別の料理を作るなり、台所を離れるのもOK。また火にかけた場合と違い、鍋の中が対流しないので、煮崩れしにくく、煮汁が少なくてもおいし仕上がるのが嬉しい。

3つ目はグリル機能を体験できる「アボカドグラタン」。こちらはグリル皿を使用。上からのヒーターの熱に加え、グリル皿の下から加熱も加わり、裏返さなくてもこんがり焼きあがるという説明に、一同感動…。

最後に今日の料理を試食しつつ、パナソニックのホームベーカリーで作った焼きたてのパン、同じくパナソニックのコーヒーメーカーで豆から淹れたコーヒーも味わい、おなかも気持も大満足で終了に。

結論:今は冷凍ご飯や牛乳を温めるくらいしか使っていない人でも発想をぐるんと変えてくれるのが、今どきのオーブンレンジ。「簡単」「便利」でしかも「おいしい」と三拍子揃ったすごい機械になっていた。ビストロの体験教室はまだ実施中。気になる人はぜひ体験・体感してみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】