クレンジングは「たった30秒」が肌に一番やさしい
クレンジング剤を顔に乗せて洗い流すまでを「30秒」でできると肌にやさしくて◎!

クレンジング剤を顔に乗せ、ていねいにマッサージ…そんな優雅なひととき、実はNG! クレンジング剤には肌の負担になる成分が含まれているのでなるべく短時間で行なうことが実は重要なのだ。

「クレンジング剤を肌にさっとなじませるだけで、メイクは充分落ちます。肌の負担になるので、あまり長く剤をのせているのはおすすめできません。30秒を目標に手早く全体になじませたら、さっと洗い流しましょう」とコスメコンシェルジュの小西さやかさん。30秒でできる「時短クレンジング法」を教わった。

(1)乾いた手に五百円玉大のクレンジング剤をとり、手のひらを合わせてなじませ温める。

(2)クレンジング剤を、額、左右のほお、鼻、あごの5点に置く。

(3)内側から外側へとらせんを描きながらのばして、全体になじませる。

(4)薬指で目頭近くのツボを押し、そのまま上まぶたの上をスライドさせ目じり、黒目の下を押し、目頭に戻る。

(5)最後にぬるま湯で洗い流す。ここまでを30秒で終わらせられると◎。

ささっと時短クレンジングで、肌にやさしくメイクを落とそう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】