夏のペットのお留守番に!駆けつけ見守りサービス登場
ペットが心配で、なかなかお出かけできない…を解消

家族全員が外出したり、日帰り旅行などで家を空ける機会が多くなる夏。留守番のペットが心配で、心から楽しめない人も多いのでは? そんな飼い主たちに安心を提供する見守りサービスが登場した。

すでにスマートフォンで、飼い主が自宅で過ごすペットの様子を見守るサービスはあるが、「わんにゃんコール」ではさらに駆けつけサービスというものを行っている。夏にペットが留守番をしている家でエアコンの故障などのアクシデントが起こると、熱中症などでペットの命が危険にさらされる可能性がある。そんな時、「わんにゃんコール」はネットワークカメラに温度センサーを内蔵しているため、あらかじめ設定した温度に異常があった場合は飼い主に通知してくれる。さらに飼い主が遠出していた場合などすぐに帰宅できない場合は、駆けつけサービスの出番となる。365日、24時間体制でペット救命救急の講習を受けたスタッフが契約者の自宅に駆け付け、適切な処置をおこなってくれる。場合によっては動物病院への搬送も可能だ。

料金は月額480円(税抜き・特別料金)から。駆けつけサービスと動物病院への搬送は別料金となってはいるが、ペットホテルに1日預けるよりもリーズナブルに愛するペットの安全を確保することが可能だ。現在の対象エリアは神奈川県の平塚市、茅ヶ崎市、藤沢市のみだが、今後横浜市や東京23区に拡大する予定。あわせて低価格のペットシッターサービスも計画されている。

猛暑日が続く夏、突然のアクシデントによる最悪の結果を防ぐために、「わんにゃんコール」の導入を検討してみてはいかが。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】