箸休めやお弁当のスキマに。「にんじん明太子」 画像(1/2) 冷凍保存をのものを入れる場合、詰めてから2~3時間後が食べごろ
冷凍保存をのものを入れる場合、詰めてから2~3時間後が食べごろ

調理=小林まさみ 撮影=安井真喜子

お弁当を作っていると、お弁当箱にちょっとした隙間ができてしまうことも。こんな隙間を埋めるのに役立つ「にんじん明太子」をご紹介。隙間に合わせて好きな量を詰められるので、使い勝手がとても良い一品。たくさん食べても1人分たったの31Kcalで、明太子のピリ辛がお酒のおつまみにもよく合う。冷凍庫で1カ月間保存可能なので必要な時にさっと取り出して使え、あるとうれしい常備レシピだ。

【にんじん明太子】(1人分31Kcal、塩分0.6)

<材料・2人分>からし明太子1腹(約60g)、にんじん小2本(約250g)、ごま油、酒、しょうゆ

<作り方>

(1)にんじんは、スライサーまたは包丁でせん切りにする。明太子は1cm幅に切る。

(2)フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、にんじんをしんなりするまで約2分炒める。明太子、酒大さじ1、しょうゆ小さじ1を加え、さっと炒め合わせる。

(3)バットに移し、さめたらカップに入れる。

※冷凍で約1カ月間保存可能。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】