夜、動物は何してる?夏限定「スペシャルな動物園」
普段はヒミツに包まれた(!?)、夜の動物園が夏だけオープン

子どもにとって夏の夜は、ちょっぴり特別なもの。普段なら次の日の準備をしてさぁおやすみなさ~いとなるところだけど、なんといっても今は夏休み。花火やお祭り、夏ならではの夜イベントを楽しみたい!

東武動物公園では、9月4日(日)までの土・日曜、祝日とお盆期間の間、夏の夜の動物公園「ナイトZoo」を開催する。ライトアップされた観覧車を見上げながら、夜ならではの動物たちを見て周るワクワクの時間は、思い出に残ること間違いナシ。動物たちの生体を解説してくれる「ナイトZooガイド」や、ペンギンやホワイトタイガー、ゾウのエサやりを体験できる「ナイトZooディナー」(有料。1日の人数制限あり。天候や動物の体調によっては中止)は、とくに人気のイベントだ。

さらに8月20日までの土曜には、17時15分から約15分間、オットセイプールからペンギン舎前のスペースで、参加者がオットセイにひしゃくで水をかけてあげるという「打ち水オットセイ」も開催。実はオットセイが展示場の外に出てくるイベントは、他の動物園では行なわれていないそう。かなりのレアイベントといえるかも!? また、8月12日(金)には妖怪昔話の紙芝居が披露されるので、日本の夏らしさもたっぷり満喫できる。

9月4日までの土・日曜、祝日は(8月11日~15日のお盆期間は連日開催)、「にく肉ビールまつり2016SUMMER」も開催(中央レストラン広場 16~22時)。近くにあるフラミンゴの展示場を眺めながら牛タンシチューややわらかホルモン焼きなどの人気メニューが食べられるので、お父さんも大満足!?

夏の夜、冒険気分のとっておきレジャーに出かけてみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】