「ちょいかけ」でおいしく。人気のだししょうゆが大サイズで新登場
「いつでも新鮮 削りたて鰹節香るしょうゆ」450ml(左)、200ml(右)

人気の「キッコーマン いつでも新鮮 削りたて鰹節香るしょうゆ」が、好評を受けてビッグな450mlサイズを8月8日に新発売する。

じっくり煮出した一番だしの香りとうまみが感じられる「だし入りしょうゆ」は、おひたしや冷ややっこ、卵かけご飯など、つけたりかけたりするメニューはもちろんのこと、調理メニューにも使えるとあって忙しい家庭や、うまみ・コク重視の人に受け入れられているようだ。

なお通常のこいくちしょうゆに比べて、食塩分が25%カットされているため食塩分が気になる人、やわらかな塩味(えんみ)が好みの人にも選ばれている。

開栓後も常温保存で90日間、しょうゆと一番だしの開けたての色やおいしさを保ち、一滴から欲しい分まで注ぐ量を自在に調節できる“やわらか密封ボトル”なのも好評のよう。片手で開け閉めできて、量の調整がしやすいボトルだ。

この450mlボトルの新発売に合わせ、すでに発売中の200ml卓上ボトルも、さらにうまみ・コクを感じられる味わいにリニューアルする。

いつものしょうゆも使いながら、さっと使えるプラスαの1本として「使い分け」るのがオススメの使い方だそう。やたら塩分を足したがる家族がいる人や、手軽にだし風味のしょうゆをかけたい人は試してみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】