パチパチと音がする?プチキャンドルでキャンプ気分
パチパチと音を立てるユニークなキャンドル

ゆらめく炎は、見ているだけで癒されるもの。さらにたき火や暖炉のように「パチパチ」と木が燃える音がすれば、リラックス感は倍増する。

カメヤマキャンドルハウスは、アメリカ・ヴァージニアギフトブランズ社のキャンドル「WoodWick(ウッドウィック)」シリーズのうち、持ち運びに便利なプチサイズを発売する。小さいながらも燃焼時間は約8時間と実用的で、価格は650円(税抜)。

「WoodWickプチキャンドル」は、高級なブレンドワックスと、丁寧に調合した香料によって作られたアロマキャンドルだ。その名の通り、キャンドルの芯(ウィック)が木(ウッド)でできており、パチパチと音を立てるのが最大の特徴となっている。

キャンドルに火を灯すと、心地よい音を立てながら、優しく炎が揺らぎ、アロマの香りが立ち上る。「音」、「灯り」、「香り」のハーモニーが、癒やしの時間にしてくれるはず。ささやかながらもちょっとした焚き火気分が味わえそうだ。

香りは、リネン、バニラビーン、カラントなど、全12種類。夜を迎えるごとに香りを変えてもお洒落。このキャンドルで、キャンプ気分を味わうのもおすすめだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】