ワインと夜景を満喫!パスポートの要らないヨーロッパ
海外旅行気分でワインとイルミネーションに酔いしれる!

秋の行楽シーズン。ヨーロッパには行ってみたいけれど遠いし休暇もそこまで取れないし、予算もオーバー…、そんな人に朗報だ。日本には、ヨーロッパの街並みがイルミネーションに輝くロマンチックな場所があるのだ。

長崎県佐世保市のハウステンボスは、約152万平米の広大な敷地に、お城や運河、石畳、レンガの佇まい、咲き誇る花々など、リアルなヨーロッパの街並みを再現したテーマパークだ。日本に居ながらにして、ヨーロッパ旅行気分が味わえる夢の空間となっている。

そして今回ハウステンボスでは、9月10日から11月6日まで、期間中約300種類のワインが楽しめる「ワイン祭」を開催。場内各所に世界各国のワインが登場し、全50種類のソムリエ厳選ワインを、終日2600円でテイスティングできる。また、チーズのプロが厳選した世界のチーズ100種類も食べ比べ可能。さらに、目の前のステージでは、世界の一流ミュージシャンによる演奏や仮面舞踏会パーティなどを開催。ワインとチーズ、生演奏の優雅なマリアージュが楽しめる。

極めつきは、日が暮れると街中がイルミネーションに輝くイベント「秋の光の王国」。お城や運河が美しい光に包まれ、ヨーロッパの街を幻想的に照らし出す。全国イルミネーションランキングで1位に選ばれた、とびきりの夜景だ。

この秋、パスポートなしで行けるヨーロッパ「ハウステンボス」で、美しい街並み、おいしいワイン、輝く夜景を満喫してみてはいかが? 異国情緒溢れる長崎観光もセットにすれば、まるで2カ国周遊ツアー。手軽に贅沢に、週末旅行を楽しめそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】