(きゃべつ)

キャベツの基本情報

キャベツ
撮影:貝塚 隆

キャベツの特徴

キャベツは四季を通して日本各地で栽培され、年中流通しています。春に種をまいて夏に収穫する「高原キャベツ」、夏に種をまいて冬に収穫する「冬キャベツ」、秋に種をまいて春に収穫する「春キャベツ」があります。「春キャベツ」は、みずみずしくて葉がやわらかいのが特徴。その食感を生かし、生でサラダなどに使うのがおすすめです。「冬キャベツ」は寒さに耐えて甘みがあり、煮ものなどにするのがおすすめです。

キャベツの選び方ガイド

上下にややつぶれた形の冬キャベツは、葉に厚みがあり、巻きがしっかりしていて、重量感のあるものが良品。春先から初夏にかけて出回る春キャベツは、葉がやわらかく、巻きがゆるいのが特徴です。形に丸みがあり、葉の緑色が濃くて光沢があるものを。

食材事典へ戻る