カリッ、ジューシー! 冷めてしまったとりのから揚げが、揚げたてのおいしさになる温め直しテク!
オーブントースターで温めなおすと、カリッ、ジューシーが復活! 軽く丸めて広げたアルミホイルをオーブントースターの受け皿に敷き、から揚げをのせて加熱します。

調理/きじまりゅうた 撮影/澤木央子

晩ごはんのおかずとしてはもちろん、おもてなしやお弁当のおかずに…と、登場する機会が多いとりのから揚げ。大人にも子どもにも大人気の一品ですが、みなさんは、冷めてしまったとりのから揚げをどうやって食べていますか?

今回は、冷めたから揚げをおいしく食べるための温め直しテクをご紹介。教えてくれたのは料理研究家のきじまりゅうたさんです。「冷めたから揚げは、オーブントースターで加熱して温め直すと、余分な脂が落ちてころもがカリッとし、ジューシーな肉汁のおいしさも復活しますよ。このときポイントになるのが、アルミホイルの使い方。アルミホイルを軽く丸めて広げ、凸凹を作ったところにから揚げをのせ、加熱するんです」。こうすると、出た脂がから揚げにつきにくくなり、よりカラリと仕上がるそう。スーパーのお総菜コーナーなどで売られている市販のとりのから揚げも、この方法で温めると、まるで揚げたてのようなおいしさに!ぜひ、試してみて!【レタスクラブ編集部】