バレンタインの手作りごはんシリーズ3 男子にモテる「ハンバーグ」のコツは?
男子が絶対喜ぶ「チーズインハンバーグ」

調理/寺田真二郎  撮影/福尾美雪

シリーズでお送りしてきた「バレンタインの手作りごはん」第3弾。今回、紹介するのはハンバーグです! 特別な日に、おうちでレトロな洋食屋さん風のハンバーグが出てきたら、男心もグッと盛り上がるというもの。でも、火の通し加減を間違えると、中が生焼け…、肉汁が流れ出てパサパサ…、といった失敗も起こりがち……。そんな悩みを解決してくれるとっておきレシピを、雑誌やテレビに引っ張りだこの料理家・寺田真二郎さんが教えてくれました。

このハンバーグの決め手は、なんと!フライパンと電子レンジのダブル使い。ハンバーグだねを作ったら、まずフライパンで焼いて、両面にこんがり焼き色をつけます。肝心なのはここから。表面だけ焼いたハンバーグだねを、トマトベースのハンバーグソースとともに耐熱ボウルに入れ、電子レンジで加熱するのです。こうすることで、表面の焼き目のこうばしさはそのままに、中までしっかり火を通すことが可能に! 肉汁が流れ出てしまう失敗もなく、ふっくらジューシーに仕上がるのです! さらに今回は、ハンバーグだねにチーズを入れておくというひと手間も加えました。ハンバーグを切ると中からチーズが流れ出るサプライズに、男子が喜ぶこと間違いなし!!

寺田さんによると、このハンバーグは、あるレストランで実際に用いられていた手法を参考にしたものなのだそう。意外と思うかもしれませんが、簡単に、お店のようなおいしさに仕上がるのでとてもおすすめです。ほかにも、1月25日発売(2月10日号)「レタスクラブ」では、男子が喜ぶおかずのレシピをたくさん紹介しています。こちらもぜひご参考にして、素敵なバレンタインデーをお過ごしください!! 【レタスクラブ編集部】