1品でごちそう!おかずマリネ
ごちそう感満点の「牛ステーキのポン酢マリネ」はおもてなしにもピッタリ!

調理/ワタナベマキ 撮影/竹内章雄

新年度を迎えて忙しいこの時期におすすめの料理が、作りおきができて野菜もバランスよくとれる「マリネ」。火を通した肉や魚介類を野菜と一緒にマリネ液に漬けておけば、食べたいときにお皿に盛り付けるだけで立派なメインおかずになるんです。

食材を味にしみこませるコツは、調理した食材を熱いうちにマリネ液に漬けること。例えば焼いたりゆでたりした肉や魚介類、野菜を、温かいうちに漬け込みます。また、生野菜を漬ける場合は水けをペーパータオルで拭き取る、塩もみをして水分を絞るなど、水けを除くことで保存力もアップ。この時期なら、春野菜を使って彩り豊かに仕上げたいですね。

2月25日発売のレタスクラブでは、肉や魚介にたっぷりの野菜を加えた、一品でおかずになるマリネレシピを特集。牛ステーキに、菜の花やオニオンスライスを加えた「牛ステーキのポン酢マリネ」、とりささ身とたけのこ、赤パプリカを揚げてごま油の風味がきいたマリネ液につけた「とりささ身の塩だれマリネ」など、春野菜を使ったレシピも豊富。持ち寄りパーティなどにもぴったりで、活躍の場が広いレシピをぜひご一読ください。

【レタスクラブ編集部】