暑い日でも長持ち!夏の”常備菜”3つのコツ
かじきの南蛮漬け。酢を効かせて、さっぱり食べられるおかずに

調理=脇 雅世、撮影=野口健志

猛暑が続く今年の夏。室温が上がったキッチンで汗だくになって作った夕飯のおかずを、うっかりそのままひと晩置きっぱなしにして腐ってしまった…という人もいるのでは?

そんなときにおすすめなのが、メインのおかずにもなる常備菜。肉や魚を使った常備菜なら、温めるだけで夕飯がすぐできるので、火を使わなくてよし。3つのポイントを押さえて、夏でも安心な常備菜を作ってみよう。

まずは、しっかりとした味付けにすること。食材から出る水分は、格好の雑菌の温床。塩分や糖分を加えて純粋な水分を減らせば、日持ちするようになる。

次に、酢を利用すること。酢には強い殺菌力があるので、食材を腐りにくくできる。最後に、確実に火を通すこと。食材から水分を出すのもポイント!野菜や魚介類など、水けの多い食材は、きちんと水を拭いてから調理しよう。塩分や酢を効かせれば、夏バテした体の回復にも良いので、今年の夏はぜひチャレンジしてほしい。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】